月間のホテル予約額63%が仮想通貨決済。ビットコイン払いが主流

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

月間のホテル予約額63%が仮想通貨決済。ビットコイン払いが主流

仮想通貨決済で世界230か国を超える宿泊施設を予約できるオンライン旅行代理店Travala.comが、2019年12月の月次事業レポートを公開した。12月の予約総額の60%以上が仮想通貨決済に、収益は前月比33.5%増、販売客室数は1528件で前月比15.2%増という結果になった。

Travalaでは、予約決済にBitcoin(BTC)、Bitcoin Cash(BCH)、Ethereum(ETH)、独自トークンAVAなど22種類の仮想通貨(2020年1月9日現在)が利用できるほか、クレジットカードやPayPalによる支払いが可能だ。12月は、予約総額の63%が仮想通貨による支払いという結果になった。その内訳は、1位がBTCの28%、2位はAVAの9%、3位はBCHの8%と続く。

リリースより引用

Travalaは、仮想通貨決済による宿泊予約サービスという新しいプラットフォームとして2017年に誕生。2019年11月に世界最大級のオンライン旅行代理店Booking.comと戦略的パートナーシップ契約を締結し、プラットフォームを世界230か国を超えるBooking.comの宿泊リストと統合した。現在、230か国以上9万か所の目的地、200万件以上の宿泊施設を予約することができる。

Travalaで利用可能な法定通貨・仮想通貨(2020年1月9日現在)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B