仮想通貨ビットコイン、「二大アップグレード」の準備完了間近

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコイン、「二大アップグレード」の準備完了間近
 

仮想通貨ビットコイン、「二大アップグレード」の準備完了間近

ビットコインの二大アップグレード

新着記事

長期に渡って期待されてきたビットコイン(BTC)のアップグレード「タップルート(Taproot)」とシュノア署名の準備完了が、間近に迫っていることが分かった。

ビットコインコア開発者Pieter Wuille氏が提案したタップルートとシュノア署名のアップグレードは現在、エコシステム上でフィードバックを受ける段階まで移行。開発者が変更を提案・検証しているという。

Wuille氏は19年12月に、タップルートの最後のレビューミーティングで1つのアップデートを発表。そのアップデートに対する開発者のレビューが終了に近づいており、実装の準備完了が迫っていることを明かしている。

ビットコイン決済企業「Square Crypto」のプロダクトマネージャーは、本アップグレードは、取引手数料を30%から75%削減し、ブロックの認証速度を最大2.5倍向上するように設計されていると説明した。

アップグレードに対する期待

BTCの今後のアップグレード

TheBlockは100を超える投資家、アナリスト、企業幹部らに調査を実施。詳しい結果は今後発表される。その調査でタップルートとシュノア署名へのアップグレードは、2020年に注目するトピックの3位にランクインした

本アップグレードは次の段階として、ネットワークでの稼働をどのように開始するかを議論する予定。Wuille氏は「準備が順調に進めば、どのエコシステムがアップグレードを行うかが明確になる。どのようにアクティベートするかを話し合って、条件等がまとまれば実装に移る」と語っている。

BTCは2年以上、合意形成に基づいたソフトフォークやハードフォークが行われていない。最後のアップグレードは2017年8月に行われたSegWitの実装だ。SegWitは、スケーラビリティ問題とトランザクション展性というBTCの重大な課題の改善につながる技術。今年に入り、SegWit対応のトランザクションの割合が遂に66%に達したことが明らかになった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B