ビットコインの受領額、例年トップの米国が2位に転落 背景に香港の政治不安か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの受領額、例年トップの米国が2位に転落 背景に香港の政治不安か
 

ビットコインの受領額、例年トップの米国が2位に転落 背景に香港の政治不安か

仮想通貨ビットコインの受領額、米国は2位

ビットコイン(BTC)の受領額に関して、2013年から2018年まで米国がトップを記録していたが、2019年のビットコインの受領額は全体で2位という結果になった。トップ一位はシンガポールとなっている。

ブロックチェーンデータを公表するウェブサイト「Crystal blockchain」のデータによれば、2019年にシンガポールへ送金されたBTCの額は米ドルで約86億ドル分となり、世界で最もBTCを受領した国となった。米国は次いで2番目となり、BTC受領額は約75億ドル分であった。

受領額で一番を記録したシンガポールだが、BTCの送金額は世界全体で2番目で、次いで3番目に米国となっている。BTC送金額の最も多かった国はセーシェル共和国となった。セーシェル共和国はアフリカに位置する、インド洋に浮かぶ島国だ。

現在、一部の主要仮想通貨取引所は米国外に拠点を構えているが、仮想通貨デリバティブを提供するBitMEXはセーシェルに拠点を置いている。同国は租税回避地としても有名だが、金融関連の規制が比較的に緩和的であるため、自由に資金を移動させることが可能だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B