ビットコイン「トレンド転換」なるか、2つの重要指標を過去データから比較|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン「トレンド転換」なるか、2つの重要指標を過去データから比較|仮想通貨市況
 

ビットコイン「トレンド転換」なるか、2つの重要指標を過去データから比較|仮想通貨市況

仮想通貨市況

16日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-1.42%の94.8万円と反落。過熱感から、利食いが先行した。

時間足でトリプルトップを付けており、8,400〜8,500ドルの支持線までに止まれなければ、7,800〜8,000ドルまで深押ししてもおかしくないように見受けられる。一方で、米シカゴマーカンタイル取引所(CME)のローンチ直後のオプション取引高が取引量を記録したことも相場の後押し要因とみられ、BTC現物やメジャーアルトへの断続的な資金流入が観測されていることからリバウンドも極めて強く、押し目での買い意欲は旺盛だ。

短期的なトレンド転換は認められることから、今後の争点は、中期的なトレンドの方向性になるだろう。

ビットコイン(BTC)市況

着目すべき2つの指標

株価や外国為替のテクニカル分析において使用される移動平均線は株式市場でも注目されるが、BTC市場でも重宝されており、なかでも200MAはワークしやすい。前回の半減期である2016年以降の長期上昇トレンドをサポートしたほか、2018年以降の下落トレンドではレジスタンスに。

週足MACDのゴールデンクロスが成立した場合、2019年2月中旬以来となる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B