マレーシア金融当局、仮想通貨ICOの販売権を取引所に付与

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マレーシア金融当局、仮想通貨ICOの販売権を取引所に付与
 

マレーシア金融当局、仮想通貨ICOの販売権を取引所に付与

マレーシアの新規制

マレーシアの金融庁(SC)は15日に、デジタル資産に対する規制方針を新たに発表。資金調達のICOは仮想通貨取引所を介して行う必要があると規定した。

今回の規制が整うと、同国内ではプロジェクト側が直接ICO販売を実施することを禁止し、登録した取引所が唯一の販売仲介として対象通貨のデューディリジェンスを行うプロセスに一元化される。いわゆる、IEO販売の形式を法的に適応させる格好だ。

販売の調達金額は最大で2450万ドルに制限するが、投資家への制限は設けないという。つまり、個人投資家も適格機関投資家も通貨を購入することができる。

参考:マレーシア

米SECの警告

マレーシア当局は仮想通貨を「有価証券」として見なさないが、米証券取引委員会(SEC)は14日に、仮想通貨のIEO販売で投資家に対するリスク警告書をリリースした。IEOに対する警告はSECの初の事例だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B