IoTチップ市場は2029年までに380億ドルへ。年15%成長の見込み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

IoTチップ市場は2029年までに380億ドルへ。年15%成長の見込み

(Image: Shutterstock.com)

米国の調査会社BIS Researchは1月15日、IoTチップのグローバル市場分析を発表した。同社は2019年のIoT市場は世界全体で94億ドルだったと報告した。今後10年間の年平均成長率は15.18%と予測し、2029年にIoTチップの市場規模は386億ドルに上ると見込んだ。

IoTチップ市場拡大の要因は、デバイスに対する世界的な需要増加だとしている。IoTデバイスはブロックチェーン、人工知能(AI)、ヘルスケア、自動車など、先端技術と既存技術の双方で広く関連技術として注目される。各分野での研究が進むことで、加速度的な需要の拡大が見込まれるとのこと。

ブロックチェーン分野では、IoTデバイス1つ1つにノードの役割を与え、分散型のネットワークを構築するといった構想がある。しかし、現行のIoTチップは安いものではない。特にノードを継続的に稼働させられるだけの性能を持つIoTデバイスとなると、チップ以外のコストも含めてその傾向は顕著だ。

現状、IoTとブロックチェーンの連携においては正攻法で大規模なネットワークを構築するということがコスト的に難しい。だが、今後IoTチップ市場の成長に伴い、サプライヤーの価格競争でIoTデバイスの低価格化が見込まれる。分散型のネットワークという意味においてブロックチェーンとIoTの概念は重なるため、コストの問題さえクリアしてしまえば、研究は加速するのではないだろうか。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B