[cryptopack id="115"]

JCBと富士通、キャッシュレスを相互交換できるサービスを開発へ=日経報道【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JCBと富士通、キャッシュレスを相互交換できるサービスを開発へ=日経報道【フィスコ・ビットコインニュース】

 

JCBと富士通、キャッシュレスを相互交換できるサービスを開発へ=日経報道【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/01/17 11:16

ジェーシービー(JCB)と富士通<6702>が共同で、異なるキャッシュレスサービスやポイントを交換できるサービスを開発することが、16日付の日経新聞の報道により明らかとなった。

現在「ペイペイ」、「LINEペイ」、「楽天ペイ」といったスマホ決済サービスや、「Tポイント」、「nanacoポイント」といったポイントサービス、特定の地域でのみ利用できる地域通貨など、様々なキャッシュレスサービスが乱立している。異なるサービス同士を交換できるような仕組みを作れば、国内初の取り組みになるという。

報道によれば、JCBはまず『地域通貨がJCBのプリペイドカードにチャージできるか、2020年度から実証実験を始める』もよう。JCBがブロックチェーン決済システム開発を手がけるカウリーと地域通貨を共同開発し、富士通は実証サービスの仕組みをつくると報じられている。

多様な決済事業者に参加を呼びかけ、仕組み作りを進めるとみられており、商用化は早くとも25年度頃を見込んでいるようだ。

JCBは昨年8月、カウリーと地域通貨等のトークンエコノミーに関する戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表している。同発表では、『トークンエコノミーに関する地域やコミュニティのニーズに応えられるようなステーブルコインの在り方について検討を進めていく』として、将来的には、地域やコミュニティ向けにステーブルコインの企画、設計、運営を行うなども目指すと明かしていた。

なお、JCBと富士通は昨年10月、個人データを安全・安心に活用できるデジタル社会の実現に向け、自己主権型/分散型アイデンティティ(事業者などの第三者から提供されたID情報を本人の意思で安全に開示することができる仕組み)領域において、共同研究を開始すると発表している。共同研究では、様々な事業者が保有するユーザーID情報を、ユーザー自身のコントロールのもと、事業者間でセキュアに連携可能にするプラットフォームの共同開発について検討するほか、そのプラットフォームを活用した新サービス・ビジネスの検討を行うとしていた。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4738

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。