仮想通貨トロン、プライバシー保護技術への取り組み発表 匿名通貨ジーキャッシュの技術採用【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨トロン、プライバシー保護技術への取り組み発表 匿名通貨ジーキャッシュの技術採用【ニュース】

仮想通貨トロン、プライバシー保護技術への取り組み発表 匿名通貨ジーキャッシュの技術採用【ニュース】

仮想通貨トロン、プライバシー保護技術への取り組み発表 匿名通貨ジーキャッシュの技術採用【ニュース】

仮想通貨トロン(TRX)を展開するトロン財団は1月17日、ゼロ知識証明ベースの暗号化方式「zk-SNARKs(スナーク)」をトロン・メインネットに適用予定と発表した。またzk-SNARKs環境構築に向けた取り組みで、「ギネス世界記録を樹立」すると主張している。

プレスリリースによると、プライバシー保護技術に取り組むTRONZチームが手がけた匿名化技術は、「世界で最も効率的で、コンピューターへの負荷が最も低いプライバシー保護プロトコル」という(ただし、技術的な詳細には触れていない)。

TRONZチームは「ブロックチェーン技術の進歩」を念頭に結成しており、「TRXネットワークにおけるプライバシー保護技術の開発・公開テストをテストネット上で実施した」という。間もなくメインネット上でも開始するそうだ。

TRONZチームの最終目標のひとつは、プライバシー保護技術をTRX用スマートコントラクトに導入することで、開発者がプライバシー情報を扱えるようにすることと述べている。

またTRONZチームは、zk-SNARKs導入には「信頼されたセットアップ(trusted setup)」が必要となるため、安全性・信頼性の担保に向けMPC(マルチパーティコンピューティング)を用いるそうだ。MPCは、多くのコンピューター(あるいは人間)で秘密情報を秘密分散(細分化・分散化)した上で、秘密分散したまま計算処理を行い、結果を得るというもの。

このMPCを用いた信頼されたセットアップでは、推定200名以上が参加する予定(2020年1月12時点の参加予定者は8名)。すでにzk-SNARKs導入済みの匿名通貨ジーキャッシュ(Zcash。ZEC)でも、「Sapling(サップリング)」アップデートにおいて2018年8月に同様の作業が実施され、97名が参加したそうだ。

トロン財団は、ZECを超える人類史上最大の参加者数とうたっており、「ギネス世界記録を樹立」すると主張している。

オープンソースライセンス適用のソースコード

TRXのGithubページを見ると、さまざまなリポジトリ(データ保管場所)がZECのソースコードから直接「フォーク(分岐)」されていることが分かる。tron-zksnarkzksnark-java-sdkなどプライバシー関連リポジトリの大部分は、ここ数ヵ月間更新されていない。zk-SNARKsの実装も、ZECからフォークさせたようだ。

トロンのlibrustzcashリポジトリも同様で、ソースコード変更部分の適用に関するZECからの依頼(最新ブランチのマージに関するプルリクエスト)を保存している。

MPCリポジトリもZECからのフォークとなっている。TRXチームによる変更の大部分はreadmeファイルに関するもので、2018年にZECが手がけた作業を除き、構造的な変化などはない。

TRXチームは、ZECによるプライバシー保護技術を統合するため、もともと同チームが管理していたリポジトリのみ作業を行った可能性はある。

なお、ZECからフォークされたソースコードは、オープンソースライセンスに該当する「Apache License, Version 2.0(アパッチ・ライセンス 2.0)」、「The MIT License」のダブルライセンスを採用している。どちらも複製・改変・再配布などを制限なく認めているライセンスだ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B