日銀、スケーラビリティ問題への対応策をまとめた調査論文発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

日銀、スケーラビリティ問題への対応策をまとめた調査論文発表
 

日銀、スケーラビリティ問題への対応策をまとめた調査論文発表

対応策の歴史と最新技術

日本銀行は17日、「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」と題した調査論文を発表した。パブリックブロックチェーンのスケーラビリティ改善の技術を調査し、まとめた内容となっている。

不特定多数の参加が可能なビットコインなどのブロックチェーンには「スケーラビリティ問題」と呼ばれる処理性能の制約があるが、今回の調査論文では、これまでに取り組まれてきたものと現在取り組まれているスケーラビリティ改善策についてまとめている。

これまでに取り組まれてきたスケーラビリティ改善策としては

が挙げられている。また、現在取り組まれている改善策として

注意事項

オフチェーンスケーリングとはビットコインの「ライトニングネットワーク(Lightning network)」に代表される、一定期間の取引をブロックチェーン外で処理し、その結果のみをまとめてブロックチェーンに記録する、といったブロックチェーン外の仕組みを利用する解決策の総称だ。

サイドチェーンスケーリングとはBlockstream社が開発した企業間決済ネットワークとして有名な「Liquid Network」に代表される、ブロックチェーンの外にもう一つブロックチェーンを作り、相互に連携させてスケーラビリティ問題の緩和を図る方法だ。

シャーディングとはイーサリアム2.0へ導入されることで知られている、普通はネットワークを構成する全てのノードが同じ検証作業をしているところをノード群ごとに役割分担し、検証作業を並列化して処理を高速化する方法だ。

関連イーサリアム2.0に関する最新仕様書 Danny Ryan氏が発表

スケーラビリティ問題への対応策の歴史と最新の取り組みまでカバーする貴重な日本語の資料となりそうだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B