韓国政府、仮想通貨売却益に20%課税検討

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国政府、仮想通貨売却益に20%課税検討

(Image: Shutterstock.com)

韓国の企画財政部が、仮想通貨取引から得られる利益に20%の課税を検討している。韓国英字紙のThe Korea Timesが1月20日に報道した。

企画財政部の関係者によると、同部最近、仮想通貨に対する課税計画の見直しを所得税局に命じた。以前は課税計画の見直しを固定資産税局に命じていたとされ(関連記事)、この変更によって、政府が仮想通貨の利益をキャピタルゲインではなく、「その他の所得」として扱おうとしているのではないかと憶測を呼んでいる。

政府関係者は、課税は20%で検討していると話した上で、「最終決定ではない」とも述べた。

韓国政府は2018年以降、仮想通貨にキャピタルゲイン税を課す可能性について、何度か言及してきたが、現時点では非課税の状態になっている。現在は税法改正に向けた内部の議論が行われており、2020年前半までに法案を固める予定だ。

仮想通貨の取引で得た所得に課税するには、政府は株式取引や不動産取引などと比較し、その利益をどうみなすかを決める必要がある。つまり、仮想通貨のより正確な定義が求められる。

今回、報道された「その他の所得」では、講義講演、宝くじの当選金、賞品などから得られる利益が対象となっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B