2019年分散型アプリ、アクティブユーザーが倍増 ギャンブル系に勢い【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2019年分散型アプリ、アクティブユーザーが倍増 ギャンブル系に勢い【ニュース】

2019年分散型アプリ、アクティブユーザーが倍増 ギャンブル系に勢い【ニュース】

2019年分散型アプリ、アクティブユーザーが倍増 ギャンブル系に勢い【ニュース】

2019年の分散型アプリ(Dapps)のユーザー数が前年比で倍増した。Dapp.comが21日に発表したレポートの中で明らかにした。

2019年のアクティブなDappsユーザー数は311万人。前年比の148万人から大幅に増加した。ただDapp.comによると、2019年に新たにDappsを始めた新規ユーザー数は277万人で、「ユーザー維持率は依然として問題」だという。

カテゴリー別では、ギャンブルとハイリスクDappが開発者に最も人気がある。ギャンブルの新規ユーザーの増加率は最も多く、110万人を超えた。

(出典:Dapp.com 「2019年Dappsのカテゴリー別シェア(前年比)」)

2番目に大きなカテゴリは、DeFi(分散型金融、金融と取引所)。2019年には合計で100万人以上のアクティブユーザーがいた。

一方、2019年に唯一ユーザーが減少したのはソーシャルDapp。ゲームDappは実数での取引量の減少幅が最も大きかった。

ブロックチェーン別では、ユーザー数とDapps数でイーサリアムがトップだった。イーサリアムのアクティブユーザー数は143万人、アクティブなDappsは1129だった。

2番手はトロン。アクティブユーザー数は96万7190人、アクティブなDappsは482だった。

ただ取引高ではトロンがイーサリアムを上回った。トロンの取引高は34億1000万ドル(約3750億円)。イーサリアムの取引高は23億7000万ドル(約2600億円)だった。

【関連記事:2019年は「ビッグ3」が分散型アプリ市場を独占|それぞれの仮想通貨に課題あり
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B