イスラム原理主義勢力ハマス傘下の軍事組織、仮想通貨で資金調達か=現地メディア【ニュース】 

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イスラム原理主義勢力ハマス傘下の軍事組織、仮想通貨で資金調達か=現地メディア【ニュース】 

イスラム原理主義勢力ハマス傘下の軍事組織、仮想通貨で資金調達か=現地メディア【ニュース】 

イスラム原理主義勢力ハマス傘下の軍事組織、仮想通貨で資金調達か=現地メディア【ニュース】 

米国やEUがテロリスト組織として指定する過激派武装組織ハマスとイランに関連する軍事団体が、ビットコイン(BTC)による資金調達活動が活発になっているとされる。エルサレム・ポストが1月19日地元のテロ研究機関ICTの報告書をもとに報じた。

ICTによると、ハマス軍事部門のパレスチナ民衆抵抗委員会(PRC)の関係組織「al-Nasser Salah al-Deen 旅団」の資金調達活動と関連があるとされるビットコインウォレットアドレス「1LaNXgq2ctDEa4fTha6PTo8sucqzieQctq」が異常な活動を見せているとしている。

同ウォレットと関連したトランザクションの調査から、「cash4psという名前の合法とみられる金融ウェブサイト」と関係があるという。このウェブサイトを通じて、提供者の一定の匿名性を確保してガザ地区から資金を送信して受け取ることができるようになっている。

ICTの報告書ではまた、同旅団のメディアプラットフォームのネットワークとさまざまなオンラインの資金調達戦略を地図化し、このウォレットのアドレスがイスラミック・ナショナル銀行(INB)で登録されたアカウントを運営していると思われるある会社と結びついていることもわかった。

INBは、ハマスがコントロールしているとして、2010年に米財務省がブラックリストに掲載している。パレスチナ自治政府(PA)、パレスチナ通貨局、パレスチナ資本市場当局からも違法と宣言されている。

2019年12月1日時点で、ICTはすべてのトランザクションの合計が3370ビットコイン(現時点の価値で約2900万ドル=約32億円)とされ、過去4年間で数千件のトランザクションが行われている。

ICTは、同社のガザ地区にある会社の住所2件と資金調達の背景にあるとされる重要人物、ラマダン・アルカードを特定した。調査の結果、ハマスと繋がりがあるとされる人物だという。

ICTの代表者は、米政府に対し、報告書内で特定したすべてのアカウントをテロリスト関連団体と認定し、国際社会と連携してビットコイン取引所向けの規制や法律を強化するよう忠告した。

仮想通貨を使った資金調達を巡っては、ブロックチェーン上の不正取引を追跡するチェイナリシスが17日、ハマスが仮想通貨を使った資金調達を洗練させていると指摘したばかりだ

【関連記事:イスラム過激派ハマス、仮想通貨ビットコインによる資金調達を洗練・高度化=チェイナリシス分析

【関連記事:不正ビットコインの送金先、仮想通貨取引所バイナンスとフォビが5割以上=チェイナリシス分析

【関連記事:白人至上主義者らが仮想通貨を使い資金調達、米議会で専門家が懸念

【関連記事:テロリストにとって仮想通貨は「使い勝手が悪い」、米議会「資金調達で大きな成功収めず」

【関連記事:仮想通貨は対テロ戦争の「次の最前線に」=米財務省テロ担当次官が発言

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B