世界有数のヘッジファンド創業者が語る投資ポートフォリオ論 ビットコインは選択肢に入るか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界有数のヘッジファンド創業者が語る投資ポートフォリオ論 ビットコインは選択肢に入るか
 

世界有数のヘッジファンド創業者が語る投資ポートフォリオ論 ビットコインは選択肢に入るか

米著名投資家レイ・ダリオ氏が語るポートフォリオ論

世界最大級の米ヘッジファンドBridgewater Associatesの創業者であるレイ・ダリオ氏は、グローバルな視点を持ちつつ、金融市場に参入することを恐れず、バランスの取れた分散投資を行う重要性を説いた。

そのため、「十分に多様化されたポートフォリオ」に現金を投じることを恐れず、また、一定の量の金(ゴールド)=「確かなもの」をポートフォリオに含めることの重要性を強調した。

「現金はゴミ」

金を買うならビットコインは?

「パラダイムシフト」が近づいている?

「お金の目的は二つある。交換の手段と富の保存手段だ。現在、ビットコインはどちらにも効果的ではない。」

しかし、フェイスブックが提唱している複数の法定通貨を担保にしたステーブルコイン「リブラ」など、より安定性を保てるものなら、まだ可能性が高いと付け加えた。

ダリオ氏は独自のマクロ経済分析に基づき、2008年の経済危機の引き金となったベアスターンズ社やリーマン・ブラザーズ社への投資から直前に撤退し、リーマンショックを乗り切った投資手腕の持ち主として名声を馳せた。同氏が創業したBridgewater Associates社は、1600億ドル(約17兆6000億円)を運用する世界最大級のヘッジファンドへと成長した。

そのダリオ氏だが、このインタビューの「現金はゴミ」発言のように、過剰な「フリーマネー」がシステムの崩壊を促進していると、警告を発している。 各国政府による金融政策の効力の低下に加え、広がる貧富の格差やアメリカと中国の対立など、世界が二極化してきており、1930年代後半の状況と似てきていると主張する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B