再生医療の最前線のさらにその先。iPS細胞をブロックチェーンで管理

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

再生医療の最前線のさらにその先。iPS細胞をブロックチェーンで管理

岐阜大学大学院医学系研究科 組織・器官形成分野の手塚建一准教授

「ブロックチェーンによる医療用の細胞管理というのは、誰も回答を得ていない、誰もまだ本気では取り組んでいないテーマ。だからこそ、やりがいがある。」(岐阜大学・手塚建一准教授)

2012年に京都大学の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、幹細胞の一種である「iPS細胞」、そして、それらを用いた「再生医療」という概念が広く知られるところとなった。これは、特定の細胞を元に患部細胞を培養し、壊死組織の回復に用いるという手法だ。こうした再生医療に用いる幹細胞の培養に、歯の神経である「歯髄」(しずい)が有効であることが分かっている。

歯髄による再生医療の現状と、これからどうなっていくのか。2004年から研究に取り組むという岐阜大学大学院医学系研究科 組織・器官形成分野の手塚建一准教授と、臨床研究を実施した国立長寿医療研究センターの庵原耕一郎氏に話を伺った。

国立長寿医療研究センター 幹細胞再生医療研究部 再生歯科医療研究室 室長の庵原耕一郎氏

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B