「仮想通貨の父」前CFTC委員長、米国版CBDC導入の必要性訴える【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨の父」前CFTC委員長、米国版CBDC導入の必要性訴える【ニュース】

「仮想通貨の父」前CFTC委員長、米国版CBDC導入の必要性訴える【ニュース】

「仮想通貨の父」前CFTC委員長、米国版CBDC導入の必要性訴える【ニュース】

米商品先物取引委員会(CFTC)の元委員長で「仮想通貨の父」とも呼ばれた、クリストファー・ジャンカルロ氏は、スイス・ダボスで開催されたイベントの中で、デジタルドルを推進するプロジェクトの詳細について語った。仮想通貨メディアのザ・ブロックが報じた

ジャンカルロ氏は今月16日、「デジタル・ドル財団」を立ち上げている。今回、ジャンカルロ氏は、米国での中央銀行デジタル通貨(CBDC)の利点を語り、今後のプロジェクトの方向性について述べている

以前にジャンカルロ氏がデジタル・ドルの構想を主張した際には、CBDCについて明示的に語っていたわけではなかった。CBDCは中央銀行が発行する点でほかのデジタル通貨やステーブルコインとは大きく異なる。

今回、ジャンカルロ氏は、デジタルドルイニシアティブが「ドルCBDCを確立するための実用的で、潜在的なストップとなるフレームワークを開発することだ」と明確に述べている。

「プロジェクトは最終的に、金融政策の有効性と金融の安定性を高めるCBDCソリューションのオプションを指向するものだ」

他国のデジタル通貨開発を警戒

ジャンカルロ氏は、依然として世界中の多くの中央銀行ではCBDCに対して懐疑的な状況にあると指摘。プライバシーやセキュリティ、マネーロンダリングといった課題も存在すると語った。

そういった懸念や課題にも関わらず、ジャンカルロ氏は米国でのデジタルドル導入は、他国が独自デジタル通貨を開発するという状況においては、「極めて重要」だと主張する。

「米国でのデジタルドルの導入は、安定した国際通貨という地位を維持するために重要になると考えられる」

【関連記事:「仮想通貨の父」CFTC前委員長、デジタルドル促進へ財団立ち上げ

【関連記事:「クリプトパパ」ジャンカルロ氏、ドルのデジタル化を提唱 】

【関連記事:香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開

【関連記事:前日銀局長、CBDCの共同研究は大口決済へのブロックチェーン適用につながる=ロイター

【関連記事:各国中銀のCBDC共同研究グループ、年内に報告書|発行は各国が独自判断=日経

【関連記事:日本銀行、デジタル通貨発行へ国際共同研究  欧州中央銀行やイングランド銀行などが参加

 

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B