ビットコイン強気相場、2021年がピークな訳とは?過去8年のサイクルから【仮想通貨相場】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン強気相場、2021年がピークな訳とは?過去8年のサイクルから【仮想通貨相場】

ビットコイン強気相場、2021年がピークな訳とは?過去8年のサイクルから【仮想通貨相場】

ビットコイン強気相場、2021年がピークな訳とは?過去8年のサイクルから【仮想通貨相場】

ビットコインアナリストのシルベイン・サウレル氏は、21日、過去の統計を基に2020年にビットコイン強気相場が再開して2021年にピークをつけるだろうと予想した

既報の通り、今年の1月のビットコインはこれまでに20%超増加しており、2012年以来で最高の1月になる見込みだ。

2012年:+23% (1月20日まで)/+156%(年間)/半減期の年
2013年:+18%  (1月20日まで)/+5800%(年間)
2014年:+13%  (1月20日まで)/−58.5%(年間)
2015年:−33%  (1月20日まで)/+37%(年間)
2016年:−3.5% (1月20日まで)/+123%(年間)/半減期の年
2017年:−10.5%(1月20日まで)/+1450%(年間)
2018年:−5%   (1月20日まで)/−72%(年間)
2019年:−8%  (1月20日まで)/+85%(年間)
2020年:+22%(1月20日まで) /半減期の年

上記の統計は、1月の成績と年間の成績が必ずしも連動していないことを示している。ただ、サウレル氏は半減期の次の年にビットコインが急騰していることに注目。2013年には5800%のプラス、2017年には1450%のプラスを記録した。

一方、半減期の2年後である2015年と2018年にはビットコインは調整。半減期の3年後である2015年と2019年には回復の兆しがみえている。さらに半減期の年である2012年と2016年は堅調な伸びを見せている。

半減期では、ブロックを作成するマイナーに対する報酬が半減される。ビットコインのマイナーへの報酬は1ブロックあたり50BTCで始まり、これまで2012年と2016年の2回が半減期だった。次の半減期は来年の5月と推定されている。

サウレル氏は、この統計から、半減期の年である2020年にビットコインは堅調に推移し、2021年にピークをつけるだろうと予想。特に根拠は示していないが、2020年末までにビットコインが1万7000ドル、2021年は500%程度のプラスは期待できるとして10万ドル近くまで上昇する可能性をみている。

【関連記事:1ビットコイン超保有のアドレス数、過去1年間で着実に増加

【関連記事:保ち合い相場続く 上昇トレンド再開の条件は? 仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析

【関連記事:仮想通貨ビットコインの送金承認時間が短縮|主要5銘柄を比較=調査

【関連記事:調整続く仮想通貨ビットコイン「今は待つとき」|強気相場続くとの声も

【関連記事:価格を占うのはイーサリアムの値動きか バイナンスリサーチが19年の相関関係を分析

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B