ベネズエラ政府発行の仮想通貨ペトロ、取引所において公式価格の半額で売買される【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ベネズエラ政府発行の仮想通貨ペトロ、取引所において公式価格の半額で売買される【ニュース】

ベネズエラ政府発行の仮想通貨ペトロ、取引所において公式価格の半額で売買される【ニュース】

ベネズエラ政府発行の仮想通貨ペトロ、取引所において公式価格の半額で売買される【ニュース】

あるベネズエラ国民によると、政府がエアドロップ(無料配布)した官製仮想通貨ペトロ(PTR)の売買を行っているという。政府は1PTRあたり60ドル(約6600円)に固定しているものの、P2P取引所ローカルビットコインにおいてその半額の30ドル(約3300円)で売買しているそうだ。

米SNS「レディット」の投稿によると、2019年12月、約600万人にPTRのエアドロップが行われたそうだ。当初政府は、指紋認証対応POSシステム「バイオパゴ(Biopago)」を介しPTRを使った買い物を許可していたが、対応する店舗が少ない上に多くの人々が殺到したこと、ドル/ボリバル・フエルテ為替レートの悪化からすぐに中止されたという。公式ウォレット「ペトロビレテラ(PetroBilletera)」によるPTRの利用もできなくなったそうだ。

このためベネズエラ国民の中には、ローカルビットコインでPTRを売買しているものがいるという。PTRによるビットコイン(BTC)購入を受け入れていた者もいたが、1月20日までにはすべて表示されなくなってしまったようだ。

(出典: P2P取引所ローカルビットコイン

コインテレグラフでは、ローカルビットコインの売り手のひとり、エルネスト・ピントに取材を行ったところ、PTRを使ったBTC購入を受け入れていたという。

同氏によると、PTRをサポートするベネズエラの取引所アンバレスコイン(Amberes Coin)の価格を基に、1PTR=約30ドル=0.0036BTCとしたそうだ。

しかし、政府のエアドロップによる過剰な販売圧力が原因で、PTRの扱いに苦労しているという。ピントは、以前受け取ったPTRが売れないため、これ以上PTRは受け入れないそうだ。

「大多数の者は、政府のエアドロップで得たPTRを売りたがっている。800万人のベネズエラ国民が、物を買いやすいボリバルを望んでいる」

ピントは、PTRに関する議論、また売買できるテレグラム上のグループを紹介した。そこでは、あるユーザーが、ベネズエラ第2の都市マラカイボでの情報を求めていた。

「マラカイボに、食料・米・小麦粉・砂糖をPTRで売ってくれる者はいないか?」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

【関連記事:ベネズエラ大統領、仮想通貨カジノを立ち上げ 首都の高級ホテルで

【関連記事:ベネズエラのインフレ率、去年大幅に鈍化|仮想通貨ビットコインの取引高は過去最高を更新

【関連記事:仮想通貨取引所ローカルビットコイン、ベネズエラ法定通貨建て取引高が過去最高更新

【関連記事:ベネズエラが仮想通貨ペトロ裏付け石油量を大幅減少 米国制裁原因か

【関連記事:ベネズエラの取引所、仮想通貨のデビットカード展開へ 政府導入のペトロやビットコインをサポート

【関連記事:ベネズエラで独自通貨ペトロによる石油や金の販売が開始へ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B