リトアニア銀行、NEM採用する独立記念銀貨のサンプルを公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リトアニア銀行、NEM採用する独立記念銀貨のサンプルを公開

独立記念貨幣の現物版銀貨サンプル(リリースより引用、以下同)

リトアニア中央銀行の理事会は1月16日、この春に発売を予定している独立記念貨幣として発行するデジタルコレクターコインの現物版銀貨のサンプルを公開した。クレジットカード型の貨幣として発行され、表面には国旗の中に国歌の歌詞をバイナリコード化して印字するなど、独特のデザインを採用する。

独立記念貨幣は、NEMブロックチェーン上のトークン(モザイク)として発行されるデジタルコイン。トークンにはランダムに属性が付与され、全6種を集めた際には記念銀貨現物と交換することができる。

リトアニア中央銀行は総計2万4000枚のコレクタートークンを2020年春に発行する。トークンには、リトアニア独立宣言に署名したリトアニア評議会「タリーバ」のメンバー20名のいずれかの署名が付属。1918年2月16日の独立を記念したものとなる。「タリーバ」メンバーの活動領域を6カテゴリに区分し、コレクタートークンは6種を各4000枚発行する形になる。

どの種のトークンが入手できるかは、購入時にランダムで決定。カテゴリが異なるトークン6枚を集めると、現物の記念銀貨に引き換えることができる。銀貨の重さは36.36gで、大きさと形はクレジットカードに似ている。

トークンは、リトアニア中央銀行のeショップで購入して専用のウォレットにて保管することができる。また、ギフトとして他のコレクターと交換したり、公共のNEMウォレットに転送したりすることもできる。記念銀貨は、独立の1918年を指す19.18ユーロの貨幣として扱うとのこと。

表面には、リトアニア共和国の紋章Vytis、トークンを販売するeショップのQRコードを記載

裏面にあるリトアニアの国旗は、2進法で刻まれた国歌を表している

【World’s first digital collector coin LBCOIN】

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B