年内実現予定のBakkt仮想通貨アプリ、証券取引にも対応か=ダボス会議

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

年内実現予定のBakkt仮想通貨アプリ、証券取引にも対応か=ダボス会議
 

年内実現予定のBakkt仮想通貨アプリ、証券取引にも対応か=ダボス会議

Bakktの消費者アプリ

新着記事

Bakktのプレジデントを務めるAdam Whiteは現在開催中のダボス会議にて、自社開発の消費者向けの仮想通貨アプリについてその特徴を明かした。

米メディアThe Blockがダボス会議で主催したパネルに登壇し、現在開発中のアプリでは、ビットコイン(BTC)を含むデジタル価値のある資産を導入対象とすると説明。仮想通貨だけでなく、バーチャルグッズやデジタル証券、ポイントなどもその対象に該当するという。

様々なデジタル資産に対応し得ることから、CoinbaseやFlexaのような仮想通貨の決済アプリよりも、PayPalのような従来利用されている総合的フィンテックプロダクトに類似する可能性が高い。

昨年10月の公式ブログでも、消費者アプリとマーチャントポータルを開発しており、出資企業のスターバックスがアプリのローンチパートナーとしてサービスの対応を行うとした。

米国ではRobinhoodやAbraのようなアプリはすでに株や仮想通貨の投資にも対応しているが、大手傘下のBakktがそれらの取引だけでなく、スタバのような日常的に利用される店舗での決済にも対応することで、デジタル資産の有用性とその普及にとってさらなる追い風になるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B