薄氷上のビットコイン(BTC)、海外投資家が分析する『新上昇曲線』突入契機とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

薄氷上のビットコイン(BTC)、海外投資家が分析する『新上昇曲線』突入契機とは
 

薄氷上のビットコイン(BTC)、海外投資家が分析する『新上昇曲線』突入契機とは

ビットコイン(BTC)市況

23日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-1.63%の94.1万円で推移。

レンジ相場に移行しているが、反騰チャンスの芽生えた22日の4h陽線後の上昇で、要所となっていた直近高値を抜けきれず目に見えて失速。その後ジリジリと値を下げると、9時の節目で落勢を強めた。

レンジブレイクした方に大きく動きそうな局面と言えそうだ。

海外トレーダーの見解

このまま続落した場合でも、図①の8400ドル付近(91〜92万円)辺りで凌ぎきれば、上昇トレンドの押し目とみなされ「継続」も期待できるか。

今後この水準まで割り込むようなことがあれば、半減期への淡い期待が霧散しかねず、強気を維持するマイナーを巻き込んだ負の連鎖が始まるおそれもある。

海外の著名トレーダーNebraskangoonerは、過去の相場を分析し、以下のような見解を示した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B