香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開【ニュース】

香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開【ニュース】

香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開【ニュース】

中央銀行である香港金融管理局(HKMA)とタイ銀行(BoT)は、クロスボーダー(国境を越えた)決済に向けた中央銀行デジタル通貨(CBDC)導入へ向けた共同プロジェクトに関する報告書を公開した。1月22日、プレスリリースと共に発表した。

同プロジェクト「Inthanon-LionRock(インタノン・ライオンロック)」は2019年3月に開始し、同年12月に完了した。

今回公開した90ページに渡る報告書には、CBDCのリアルタイムでの送金、流動性管理、コンプライアンス、その他金融における側面の利点やリスクの分析が掲載されている。

同プロジェクトには、バンコック銀行、サイアム・コマーシャル銀行、香港上海銀行、衆安銀行(ZAバンク)など香港とタイの10銀行が参加。分散型技術を基盤とした概念証明(PoC)プロトタイプに焦点を当てた。

また、技術パートナーとして、大手ブロックチェーンコンソーシアム(共同事業体)R3もサポートした。

タイ・バーツと香港ドルを連結させる仕組みを用意し、参加者が決済コストと時間が削減できるとされるピアツーピアベースで資金を送金し、外国為替トランザクションを実行できるようにした。

R3のブロックチェーンプラットフォーム「コルダ」を基盤とし、外国為替向けPVP(payment-versus-payment)決済を実行するため、スマートコントラクトを導入。PVPは、もし最終送金が別の単一あるいは複数の通貨で実施された場合でも、1つの通貨内で1つの決済の最終送金を確認するメカニズムだ。

両銀行は今回のプロジェクトを通じて、CBCDは、伝統的な銀行決済システムと比較して、仲介作業や決済層を著しく削減し、二重払いといったリスクを回避できる可能性があると結論付けている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:「仮想通貨の父」前CFTC委員長、米国版CBDC導入の必要性訴える

【関連記事:前日銀局長、CBDCの共同研究は大口決済へのブロックチェーン適用につながる=ロイター

【関連記事:各国中銀のCBDC共同研究グループ、年内に報告書|発行は各国が独自判断=日経

【関連記事:日本銀行、デジタル通貨発行へ国際共同研究  欧州中央銀行やイングランド銀行などが参加

【関連記事:IMFトップ、2020年の優先事項にデジタル通貨挙げる 「急速な発展に取り残されないように支援

【関連記事:2020年は中央銀行デジタル通貨元年に、中島教授「中国やカンボジアで実用化進む」​​​​​​​

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B