[cryptopack id="115"]

IOST Koreaイベントレポート 2020年1月13日 韓国ソウル

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

IOST Koreaイベントレポート 2020年1月13日 韓国ソウル

 

IOST Koreaイベントレポート 2020年1月13日 韓国ソウル

2020/01/23 12:45

2020年1月13日、IOST Korea チームが2020年のキックスタートのためにオフラインミーティングを開催しました。

寒い日にもかかわらず、コミュニティメンバー、ジャーナリスト、KOL、業界リーダー、投資家、その他多くの人々がこのイベントに参加しました。

今回開催されたイベントは、IOSTの成果と将来の計画を共有する有意義な機会となりました。

下記YouTubeは、IOST Korea NodeのD.StreetのKOL D.Goによって作成されました。 IOST Korea Meetupの雰囲気を感じることができます。

今回のイベントは、韓国江南のモナコスペースで開催されました。 合計150人が1週間足らずで参加登録を行い、約130人がソウルの寒さを乗り越えてその日を迎えました。

イベント内容は下記で行われました。

  • オープニング紹介
  • IOST Platformを開発者として選んだ理由
  • QED:Tier-1 serviノードによるスピーチ
  • 過去の成果とIOSTの2020計画
  • テリー:IOST CTOのメッセージ動画
  • ブレイク:IOST Koreaカントリーマネージャープレゼンテーション
  • ライブQ&A:QED&ブレイク
  • IOSTラッキードロー&プレゼント
  • ネットワーキング

QED:開発者としてIOSTプラットフォームを選んだ理由

IOSTのTier1 ServiノードであるQEDは、IOSTプラットフォームの利点を詳細に説明しました。

現在存在している殆どのブロックチェーンプロジェクトは、常に技術についてコミュニティに大きなビジョンを描きます。

ただし、テストネットの結果とは別に、実際のメインネットの立ち上げが約束したロードマップで成功しているプロジェクトはほとんどありません。

また、Dappを実行するプラットフォームを実際に選択する場合、選択技は限られています。 その中でも、IOST、Ethereum、EOS、およびTRONは、継続的なユーザーの参加とDAPPエコシステムが拡張されているプラットフォームです。

IOSTは、他の3つのプラットフォームと比較した場合、明らかに後発です。 ただし、IOSTにはEthereum、EOS、TRONと比較して大きな利点があります。

QEDがIOSTを開発検討した理由としては下記の3つが挙げられます。

  1. 高速ブロック生成(トランザクション処理)
  2. 安定した低リソースコスト
  3. 開発のしやすさ

高速ブロック生成(トランザクション処理)

一般に、応答時間が速い場合、すべてが問題ないと考えるかもしれません。ただし、考慮すべき点は他にもあります。

ブロック時間でIOSTとEOSを比較すると、0.5秒と考えることができ、IOSTには使用するメリットがないと思うかもしれません。

ただし、完全に不変のブロックとして記録されるブロックのファイナリティを考慮して時間を数えると、IOSTは4つのパブリックチェーンの中で最速の29.5です。 言い換えれば、IOSTは、最速のブロックファイナリティを提供するプラットフォームです。

Ethereumの場合、トランザクションごとに料金が発生し、ユーザーは料金を支払う必要があります。 開発者がそれらすべてをサポートしている場合、非常にコスト高になる可能性があります。 このため、QEDはステーキングモデルの使用を決定しました。

TRONは、ブロック時間が長く(3秒)、EOSとIOSTのみが残っているため、適切ではありませんでした。

EOSに関して言うと、多くのブロックチェーン開発者が知っているように、EOS CPUとリソースの問題が原因でDAPPが再生できないケースが多すぎるため、EOSは除外されました。

IOSTのコストモデルを詳しく見るとブロックチェーンで発生するコストは、主に3つに分けられます。

  1. プラス、マイナス、乗算などの処理の運用コスト
  2. トランザクションとノードで発生するネットワークコスト
  3. 値を保存するための保存コスト

安定した低リソースコスト

イーサリアムの場合、ブロックチェーンで発生する3つのコストは単にGASと呼ばれます。

EOSの場合、コントラクト運用コストはCPU、ネットワークコストはNET、ストレージコストはRAMです。

IOSTは、コントラクト運用コストとネットワークコストを組み合わはiGASと呼ばれ、コントラクトストレージコストはiRAMと呼ばれます。

デポジットしている限り、iRamは自己負担し、手数料は一切かかりません。 したがって、ユーザーはEOSのようにリソースを気にする必要はありません。

トランザクションがブロックチェーンに値を格納する場合、ストレージコストを支払う必要があります。 ブロックチェーンで保存した値を削除すると、支払ったストレージコストを払い戻すことができます。 また、トランザクションに値が保存されていない場合、無料で利用できます。

また、開発者はユーザーではなくても、ユーザーのストレージコストを支払うことができます。 IOSTとEOSを比較すると、IOSTは7倍安くなっています。

したがって、QEDは、IOSTが開発者にとって最も魅力的なリソースモデルであると結論付けました。 QEDは、IOSTが本当によく開発されたプラットフォームであり、多くの潜在的なケースについて多くの考慮事項があると考えました。

開発のしやすさ

QEDは、ブロックチェーンサービスを開発することは難しくないはずだと考えました。 人々は、言語に精通していないと開発が難しいと言います。 これが起こると、人々は解決策を見つける必要があります。 ただし、十分な情報がない場合、問題を把握するのは困難です。

QEDは十分に開発されていると思ったが、エラーが発生し、その理由がわからないことがあります。 良い例の1つは、Solidityです。

4つのプラットフォームの開発言語を比較すると、EthereumとTRONはSolidity、EOSはC ++、IOSTはJavaScriptを使用していることがわかります。 IOSTで使用されるJavaScript言語は、開発者にとって他の言語よりもはるかに使い慣れています

出典:Stack Overflow

この表は、開発者の間で最もよく知られている言語の調査です。 EOSコントラクト言語であるC ++はミッドレンジですが、JavaScriptは開発者が最もよく知っている言語です。

IOSTはJavaScriptを使用してコントラクトを作成できます。

開発言語は使い慣れた言語であるため、スマートコントラクトを作成する際にはIOSTの利点があります。

しかし、IOSTプラットフォームにはもう1つの利点があります。 イーサリアムは、コントラクトをアップグレードすることは原則として不可能です。 (この部分は、ブロックチェーン開発者の間で議論の余地のある部分です。スマートコントラクトはアップグレード可能であるべき、すべきではない)

一方、IOSTはスマートコントラクトをアップグレードできるため、コントラクト所有者はアップグレードを有効または無効にできます。上記の3つのポイントに基づいて、QEDはIOSTプラットフォームを選択しました。

QEDの発表の全体概要はコチラから確認できます。

プレゼンテーションの最後に、QEDは彼のチームが開発したゲームを実演し、実際のIOSTの速さを示しました。

IOST CTO Terryのビデオメッセージ

QEDの発表後、韓国を訪問することになったCTO Terryのビデオが再生されました。

IOST CTO Terryは、韓国のMeetupに参加できなかったことを残念に思っていると語りました。このビデオで、テリーは2020年の前半にIOSTが目指していることを、韓国のIOSTコミュニティに詳細を説明しました。

CCTVと中国の人民大会堂に最初に招待されたパブリックブロックチェーンプロジェクト

IOST CTO Terryは、前四半期にCCTVのグローバルチャンネルであるCGTNに招待され、中国金融大学金融研究所所長のHuang Zhenとディスカッションをしました。

テリーは、中国の人民大会堂で開催された第17回中国のエンタープライズ開発&ブロックチェーンフォーラムにも招待されました。

IOSTは、両当事者に招待された唯一のパブリックブロックチェーンプロジェクトです。 これらの実績により、IOSTは中国のさまざまな高レベルの意思決定者にさらされました。 これに基づいて、IOSTはさまざまな政府や企業との会議の礎を築きました。

IOSTの子会社であるAIOUテクノロジーによるB2BおよびB2Gプロジェクトの拡大

パブリックブロックチェーンIOSTに基づいて、コンソーシアムチェーンの使用を拡大します。 さらに、2020年に中国の10のMNCとのコラボレーションについて議論が進行中です。

中国の上海警察ブロックチェーン標準化をはじめ、地方政府とも協力していきます。 これにより、2020 IOSTは2つのことを達成する予定です。

  • 持続可能な収益を創出し、IOSTに再投資してエコシステムを拡大
  • B2BとB2Gにより、実用的なユースケースを作成し採用を実現

韓国カントリーマネージャーのブレイクの登壇 とQ&A

参加者は、開発環境、ノードとして参加するメリット、ビジネス背景、2020年前半の計画など、さまざまなコンテンツについて質問しました。

IOSTは、ミートアップを通じてIOSTコミュニティからさまざまな提案を聞くことができました。

IOSTは常にコミュニティの意見に耳を傾け、それらを反映しようとします。 将来的には、韓国だけでなく他の国でもさまざまな方法でコミュニティとの接触を拡大していきます。

引用参照 : IOST Medium , MeetIOST

The post IOST Koreaイベントレポート 2020年1月13日 韓国ソウル appeared first on CRYPTO TIMES

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4779

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。