国際決済銀行(BIS)調査、1つの中央銀行が仮想通貨利用を検討か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

国際決済銀行(BIS)調査、1つの中央銀行が仮想通貨利用を検討か
 

国際決済銀行(BIS)調査、1つの中央銀行が仮想通貨利用を検討か

各中央銀行に調査を実施

国際決済銀行(BIS)は23日、仮想通貨や中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)について、各中央銀行を対象に行った調査結果を発表した。

BISは「各国中央銀行の中央銀行」と称される。2019年後半に実施された今回の調査では、日本・米国・中国を含む66の中央銀行が回答した。先進国と新興国両方の中央銀行が参加している。

ステーブルコインやデジタルトークンを含め、仮想通貨について、最新の調査結果は2018年とほとんど変化は見られないという。

ステーブルコインについては、60%が通貨や金融安定性への影響を分析していると回答。「一般的な仮想通貨には不可能なことがステーブルコインだとできる可能性はある。しかし、中央銀行の多くがリスクを懸念している」と報告した。

CBDCの発行について

CBDCの発行については、取り組みの大半が実証実験や概念実証だが、その速度は速まっていることが分かった。中央銀行が真剣にCBDC発行に向けた取り組みに従事している。

今回調査に参加した内、80%の中央銀行がCBDCのプロジェクトに取り組んでいる。全体の40%はリサーチから実験や概念実証に進んでおり、10%がパイロット的なプロジェクトが完成しているという。実際に開発やパイロット的なプロジェクトまで進んでいるのは新興市場の中央銀行だ。

参考資料 : 国際決済銀行

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B