米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察
 

米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察

インフレ率の観点からBTC半減期を議論

2020年5月頃に半減期を迎える予定のビットコイン(BTC)

史上3回目となる半減期の重要性と、それに伴う価格上昇の可能性を、経済学者のピーター・C・アール氏は論じている。アール氏はアメリカ経済研究所の経済学者であり、米NYのウォール街でトレーダー、アナリストとして活躍してきた経歴の持ち主だ。

アール氏はインフレーションの観点から半減期について説明し、ビットコインは半減期後、法定通貨などに対しても、競争力ある価値保存手段となる「経済学的に明確な理由」を持ち得ると主張する。

アール氏の主張と論点は、以下の通りだ。

インフレ理論で見るビットコインの価値向上

BTC採掘業者の動きにも注目

現在のビットコインの「インフレーション」の年率は3.7〜3.8%であると考えられる。(1日あたり平均144ブロックで、約1800の新たしいBTCが生成されることにより)。

FRBやその他各国政府の中央銀行は、インフレ率の目標を立てるが、達成には失敗している状況にある。それでも彼らは経済に直接流動性を供給する量的緩和など、ハイリスク・ハイリターンな政策を続けていると、アール氏は指摘している。

ビットコインのインフレ率は、名目インフレ率と実質インフレ率(物価変動を加味したインフレ率)のいずれよりも低いため、その利用がますます投機的ではなくなっていく可能性が高いとしている。

この仕組みはビットコインの魅力を増し、価値の保存手段としての側面を強調、BTC価格の上昇傾向を引き起こす可能性もあると、アール氏は指摘した。

したがって、価格上昇へと繋がる可能性もあると論じた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B