自民党、デジタル通貨発行に向け提言策定へ | 背景にデジタル人民元への警戒感=日経

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

自民党、デジタル通貨発行に向け提言策定へ | 背景にデジタル人民元への警戒感=日経

自民党、デジタル通貨発行に向け提言策定へ | 背景にデジタル人民元への警戒感=日経

自民党、デジタル通貨発行に向け提言策定へ | 背景にデジタル人民元への警戒感=日経

自民党がデジタル通貨発行に向け個人情報保護やマネーロンダリングの視点から提言を今年春にもまとめる方針だ。日本経済新聞が24日に報じた。日本銀行が欧州中央銀行(ECB)やイングランド銀行などとデジタル通貨の共同研究に乗り出すことを受け、与党側でもデジタル通貨発行に備えるようだ。

日経によれば、自民党の調査会や議員連盟が提言をまとめるという。自民党側ではデジタル通貨による個人データ保護に関心を寄せているという。個人情報と紐づけられることを見込み、個人のプライバシーが侵害されることを懸念しているという。

またサイバー攻撃やマネーロンダリングといった問題も検討する。個人情報保護法や刑法といった関連法令の見直しも見据えた議論をしていくという。

今回の自民党の動きは、「デジタル通貨で先んじる中国への警戒も背景にある」と、日経は指摘している。

甘利明税制調査会長は、経済安全保障の観点からデジタル人民元に警戒感を示している。

「米中の中長期の覇権争いに影響する可能性がある。いち早く対応するため政府に警鐘を鳴らす役割を果たしたい」

【関連記事:日本銀行、デジタル通貨発行へ国際共同研究 欧州中央銀行やイングランド銀行などが参加

【関連記事:前日銀局長、CBDCの共同研究は大口決済へのブロックチェーン適用につながる=ロイター

【関連記事:中国のデジタル人民元 「ブロックチェーンでの国際覇権確立狙う」=前日銀審議委員の木内氏

【関連記事:2020年は中央銀行デジタル通貨元年に、中島教授「中国やカンボジアで実用化進む」

【関連記事:香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B