仮想通貨ビットコインのタップルート/シュノア提案が公開、プライバシーとスケーラビリティで大きな前進 【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインのタップルート/シュノア提案が公開、プライバシーとスケーラビリティで大きな前進 【ニュース】

仮想通貨ビットコインのタップルート/シュノア提案が公開、プライバシーとスケーラビリティで大きな前進 【ニュース】

仮想通貨ビットコインのタップルート/シュノア提案が公開、プライバシーとスケーラビリティで大きな前進 【ニュース】

ビットコインのアップグレードであるタップルート/シュノア署名の提案が「ビットコイン改善提案(BIPs)」としてGitHubで公開された。ビットコイン取引のプライバシーとスケラービリティ強化で1つのマイルストーンとなる。

ビットコインコアの開発者であるピーター・ウィル氏は、今回のコード変更についてGitHub上で「プルリクエスト」を実施し、より多くの開発者に公開。「このコードの統合は明らかにコミュニティーのサポート次第である」と述べた。

より多くの開発者にタップルート/シュノア署名のコードを公開することで、実装に向けた流れを作る狙いがある。

タップルート(Taproot)とは、マークル化抽象構文木(MAST)とシュノア署名の特徴を組み合わせることを目指したもので、ビットコイン取引のプライバシーの強化が期待される。例えば、ライトニングネットワークを使った少額決済と普通のビットコイン取引の違いが見えにくくなり、ブロックチェーンを使った監視が難しくなる。

シュノア署名は、ビットコインで使われるデジタル署名をECDSA(楕円曲線DSA)からシュノア署名へ移行するもので、「マルチシグ」における複数の公開鍵を1つに集約し取引のプライバシーや効率を高める。

ブロックストリーム社の最高戦略責任者(CSO)であるサムソン・モウ氏は、2020年の注目イベントとして、「シュノアとタップルートの本格展開」をあげていた

【関連記事:仮想通貨ビットコイン開発者、タップルート実装によるソフトフォーク提案|プライバシー強化に向けた一歩となるか

【関連記事:【新春特集】2020年の仮想通貨・ビットコインはどうなる?専門家50人が大予想!業界以外の注目点も語る

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B