ダボス会議2020:デジタル通貨・仮想通貨などに関する重要発言まとめ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ダボス会議2020:デジタル通貨・仮想通貨などに関する重要発言まとめ
 

ダボス会議2020:デジタル通貨・仮想通貨などに関する重要発言まとめ

ダボス会議、重要発言まとめ

今月21日から24日の間、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)がスイスのダボスで開催。本記事では、今年のダボスで討論された仮想通貨・ビットコイン、デジタル通貨(CBDC)に関する重要発言をまとめている。

また、世界経済フォーラム年次総会にあたるダボス会議で集まったメンバーを中心に、仮想通貨やブロックチェーン関連イベントや発表も相次いで行われた。その中でみられた注目発言、2019年のダボス会議との変化も合わせて掲載する。

日本銀行やイングランド銀行(BoE)を含む6の中央銀行と国際決済銀行はダボス会議に際し21日に、中銀デジタル通貨の発行・利用例について共同研究を行うべく、新しい組織をつくると発表。

新組織は「CBDC利用可能性評議会」といい、日銀と欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行のほかに、スイス国民銀行、スウェーデン中銀のリクスバンク、カナダ銀行を含む6中銀プラス国際決済銀行(BIS)も参加するという。

日銀らでデジタル通貨研究

米ヘッジファンド創業者「現金は無価値」

CFTC前会長による新たなCBDCプロジェクト立ち上げ

カリブラCEOが語るリブラ

WEFがCBDCフレームワークを発表

Bakkt、仮想通貨アプリの特徴明かす

RippleのIPOも示唆

関連日欧中銀と国際決済銀行、デジタル通貨発行の共同研究へ

世界最大級の米ヘッジファンドBridgewater Associatesの創業者であるレイ・ダリオ氏は米CNBCのインタビューに応じ、各国の中央銀行が通貨の発行権限を握る現在の法定通貨システムでは、政府が不換紙幣を発行し続けることが可能なため「金余り」状態を生み出し、通貨価値の下落につながるとして「現金は無価値」と斬って捨てる発言をした。

Gharaibeh氏によれば、ヨルダン国民が、税金や医療費など、政府機関による様々なサービスを現金で支払うことが不可能な段階に達しているのだという。そうした中で、モバイルウォレットや銀行送金のような電子決済システムの導入は必要不可欠だと説明。ただ一方で、新たなお金を再発明する必要はないとし、現金の匿名性を排除できれば充分だと述べた。

一方、デジタル資産の一つであるビットコインに対して、否定的な意見も散見される。イスラエルの歴史学者Yuval Noah Harari氏によれば、現在は通貨の「信頼」の重要性がより増しているとし、ビットコインはその信頼に欠け、現在の時代の流れと逆行するものであると指摘した。さらに、現在の流れはゴールドへの回帰にあるとの持論を展開している。

関連世界有数のヘッジファンド創業者が語る投資ポートフォリオ論 ビットコインは選択肢に入るか

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B