アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」本放送連動のセル画販売をアニークが開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」本放送連動のセル画販売をアニークが開始

(参考資料より引用、以下同)

アニメ、マンガ、ゲームなどのアートワークの売買サービスを提供するAnique(アニーク)は1月22日、テレビ東京系列にて放送中のアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」(以下、七つの大罪)を題材としたアートワークの取り扱いを発表した。アニメ本編のシーンを毎週の放送時間に合わせて「デジタルセル画」として、限定7シーン各カット1枚のデジタルセル画のデジタル所有権を抽選販売する。

「七つの大罪」のデジタルセル画販売は、アニメ放送時間に連動した形で毎週7点が出品され、すべて抽選販売となる。購入者はデジタル所有権を得て、各カットのオーナーとなる。特典として所有するカットを構成する製作物の閲覧権を取得、各カットの絵コンテ、原画、動画、キャラクターデザインを「マイギャラリー」より鑑賞可能になる。また、額装セル画の注文権も付属しており、別途料金を支払うことで、デジタルデータをセルフィルムに印刷した「セル画」を注文することができる。デジタルセル画は、所有権のみで3900円、所有権と額装セル画印刷付きの「リミテッド・エディション」は7万3900円とのこと。

額装セル画印刷付きの「リミテッド・エディション」

作画の舞台裏を見ることができる閲覧権

「七つの大罪」のデジタルセル画販売は、1月22日放送の第15話からスタートした。以降、毎週水曜日の放送ごとに7作品が出品され、各話ごとに抽選が行われる。第1回目の抽選は終了済みだが、第2回目となる第16話の抽選は1月29日17時55分からとなる。なお、すでに放送が終了している第1話から第14話までの放送回については、現在、専用ページにて2月5日25時30分まで抽選受付中となっている。

テレビアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」は、鈴木央原作の漫画作品。週刊少年マガジン(講談社)にて連載中。テレビアニメシリーズ「七つの大罪 神々の逆鱗」は、2019年10月9日よりテレビ東京系列にて放送中。熾烈を極める魔神族の精鋭“十戒”との戦い、メリオダス・エリザベス2人の因縁や世界の秘密が描かれたヒロイック・ファンタジー物語となる。

アニークは、EthereumのERC-721トークンを利用し、アートワークの所有権を証明することができる。発行されたトークンはアニーク上でのみ取引できる。利用者間の二次流通を含め、売買金額の一部がアートワークの制作者に還元される仕組みを将来的に実装する予定だ。取得した所有権を他人に販売することもできる。

同サービスは2019年5月から提供を開始し、第1弾ではマンガを原作とするアニメ「進撃の巨人」を題材としたアートワーク26点を販売し、第2弾では「serial experiments lain」から20点を販売した。「七つの大罪 神々の逆鱗」のデジタルセル画の販売は、第3弾「STEINS;GATE」、第4弾「魔法使いの嫁」、第5弾「ロボットガールズ」に続く、第6弾プロジェクトとなる。

アニークの仕組み

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B