「仮想通貨には決済を変革する可能性あり」ドイツ銀行の最新報告書

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨には決済を変革する可能性あり」ドイツ銀行の最新報告書
 

「仮想通貨には決済を変革する可能性あり」ドイツ銀行の最新報告書

ドイツ銀行がレポート発表

新着記事

世界的メガバンクの「ドイツ銀行」は先週、未来の決済に関するレポートの一部と二部を発表した(全三部構成)。

本レポートの中でドイツ銀行は、総合的にみて仮想通貨は、決済を変革する可能性を秘めていると説明。「新たにメインストリームとなる仮想通貨が出現しても驚かないだろう」と述べている。

ドイツ銀行は昨年12月、現行の法定通貨システムには欠点があるため、仮想通貨は次の10年で現金にとって替わるとの見解を示した。また、仮想通貨が普及するには、政府や規制機関の監視の下で、合法化される必要があると指摘している。

またBTC決済について、グローバルな利用が始まってはいるが、まだ限定的だと指摘。以下のグラフは、2009年から現在におけるBTC決済の数の推移だ。

クレディ・スイスの見解

本レポートの二部では、現金はまだ数十年は利用されると予想。デジタル通貨について書かれた三部も、すぐにリリースするとしている。

関連クレディ・スイス、異例の仮想通貨ビットコイン広告『サトシ、ダボス会議にようこそ』

同社はこれまで数回ほど、仮想通貨業界の見通しに関する報告書を公開した事例がある。

2018年にリリースした報告書ではビットコインの成熟期が2025年に迎えると予測。そして今年2020年は、ブロックチェーンの認知度がメインストリームに押し上がる年だと見込み、2025年には利用ケースが主流の段階になる予想も発表した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B