リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

ブロックチェーン企業リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは先週、今後12カ月でIPO(新規株式公開)をする可能性を示唆した。コインテレグラフが複数の市場関係者にインタビューしたところ、リップルIPOの仮想通貨XRPに対する影響について見方が分かれた。

「リップルは優位な状況が続いているが、まだ世界の送金システムを大きく崩壊させるには至ってはいない」。コインテレグラフの寄稿者でアナリストのラケッシュ・ウパドヤヤ氏は分析した。「IPO直後は市場関係者も忍耐強いだろうが、彼らはすぐに結果を求める。結果が出なければ、価格にはダメージだろう」。

ウパドヤヤ氏は、リップルが複数の銀行やビジネスと提携しているにも関わらず、十分な進捗がないとみている。

「急激な価格下落でリップルの資金調達が困難になっている。リップルはトークンを売却しており、運営に必要な資金の調達に苦戦しているようだ。しかし以前とは異なり、IPOの後は、リップルは事前告知なしでトークンを売却できなくなる。告知があれば、価格にはマイナスだろう

リップルは2019年にXRP売却による売上高をこれまで以上に増やした。

XRP/USD 1-year chart

(出典:Coin360「XRP /米ドル(1年)」)

一方、クオンタム・エコノミックス創業者マティ・グリーンスパン氏は、IPOによってリップルのXRPに対するポジションは強化されるかもしれないと話した。

私はポジティブだと思う。リップルにとってさらなる資金調達ができるようになれば、トークンを売る理由は少なくなる

また、著名XRP投資家でアーリントンXRPキャピタル創設者のマイケル・アーリントン氏は、リップルIPO関連でFUD(恐怖、不透明、疑念)を無視しろと発言。「その時がきたら、それは素晴らしいことでヘルシーだ」と述べた。

【関連記事:リップルCEO、2020年のIPOを示唆|仮想通貨ビットコインのデメリットも考察

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B