米上院議員に指名の仮想通貨先物バックト前CEO、金融開示報告書の提出を延期へ【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米上院議員に指名の仮想通貨先物バックト前CEO、金融開示報告書の提出を延期へ【ニュース】

米上院議員に指名の仮想通貨先物バックト前CEO、金融開示報告書の提出を延期へ【ニュース】

米上院議員に指名の仮想通貨先物バックト前CEO、金融開示報告書の提出を延期へ【ニュース】

ビットコイン先物取引を手掛けるバックトの前CEOでジョージア州選出の米上院議員に指名されたケリー・ローフラー氏は、金融開示報告書の提出に関して、5月5日までの延長申請した。

米NGO「パブリック・シチズン」の倫理ロビイストのクレイグ・ホールマン氏は、コインテレグラフに対し、書類提出は利害の対立を透明化することが目的であり、「申請の延長は珍しいことではない」と述べている。

ローフラー氏は、米商品先物取引委員会(CFTC)を監視する委員会「上院農業委員会」に所属することが明らかになり、利益相反を懸念する声が出ている。上院農業委員会は、CFTCの委員長や委員の指名権限も持っている。

また、ローフラー氏の夫は、ニューヨーク証券取引所などの親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)創業者兼CEOのジェフリー・スプレッチャー氏。ICEは、CFTCの規制監督下に置かれる取引所だ。

ローフラー氏は先日、ウォール・ストリート・ジャーナルに対して、「上院の倫理ルールの精神と文言を遵守するために一生懸命努めてきたし、毎日遵守を継続するだろう」と述べている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:ビットコイン先物手がけるバックト前CEO、CFTC監視する委員会に所属 利益相反に懸念の声

【関連記事:仮想通貨業界期待のバックト前CEO、米議会で宣誓 トランプ支持の1票投じる

【関連記事:ビットコイン先物のバックトCEO、米上院議員に指名 CEO退任へ

【関連記事:ビットコイン先物手がけるバックトが体制刷新、トップ2人体制で再始動

【関連記事:バックトが仮想通貨版ペイパルを年内に公開か|ビットコインやデジタル証券に対応するキラーアプリ

【関連記事:マネックス子会社トレードステーション、CMEとバックトの仮想通貨ビットコインオプション取扱開始

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B