ビットコインで老後の資産形成? 仮想通貨個人退職口座の米Bitcoin IRA、累計取引高4億ドル突破

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインで老後の資産形成? 仮想通貨個人退職口座の米Bitcoin IRA、累計取引高4億ドル突破
 

ビットコインで老後の資産形成? 仮想通貨個人退職口座の米Bitcoin IRA、累計取引高4億ドル突破

仮想通貨による取引高4億ドル到達

仮想通貨関連の個人退職口座を運営する米国企業Bitcoin IRAは、仮想通貨の累計取引高が4億ドル(約437億円)を超えたと発表した。2016年にサービスを開始して以降で、取引高の伸びも最も高い水準だという。

Bitcoin IRAは、仮想通貨で年金積立ができる米国の個人年金制度(IRA)を提供する企業で、2018年後半から自動取引仮想通貨プラットフォームを導入した。

ユーザーは口座内の資金を通じた仮想通貨売買のほか、顧客が口座で保有する仮想通貨と現金から利子を得られるサービスを利用することができる。

昨年末には、最高執行責任者Chris Kline氏が、Bitcoin IRAの事業規模が近い将来、取引高が10億ドル(約1090億円)に達し、顧客数も10,000まで増加するとの見通しを発表している。

同社は、これまでに様々な側面でサービスを改善しており、顧客獲得に繋がっている可能性がある。(以下参照)

ライバル企業との対立も

Bitcoin IRAの取扱い銘柄には、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)がある。

Bitcoin IRAは、以前のカストディアンであったキングダムトラストとの契約を解消。BitGo Trustと提携を行なった関係で、現在両社は対立、法廷闘争に発展している。

キングダムトラストは、米大手仮想通貨取引所コインベース、オルタナティブ資産投資会社リーガルアセットの三社と連携して、仮想通貨ベースの個人退職口座(IRA)と確定拠出年金(401K口座)を米国内で提供することを昨年11月に発表しており、まさに米国でIRA関連の仮想通貨ビジネスが競合している状況だ。

投資できる仮想通貨は30銘柄を超え、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、XRP、ステラだけではなく、イオス、テゾス、ジリカも取り扱う。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B