スイス企業オーバーチュア、イーサリアムブロックチェーンでIPO実施 スイスで初の事例【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スイス企業オーバーチュア、イーサリアムブロックチェーンでIPO実施 スイスで初の事例【ニュース】

スイス企業オーバーチュア、イーサリアムブロックチェーンでIPO実施 スイスで初の事例【ニュース】

スイス企業オーバーチュア、イーサリアムブロックチェーンでIPO実施 スイスで初の事例【ニュース】

スイスの規制当局は、同国で初めてのブロックチェーンを使った新規株式公開(IPO)にゴーサインを出した。

スイスのブロックチェーン企業オーバーチュアは、イーサリアムブロックチェーン上でIPOを実施し、クラスA株式を提供する。1月29日にプレスリリースで発表した。スイス・ツークに拠点を置くユーロDAXX(欧州デジタル資産取引所)が提供するスマートコントラクトを使用する。

オーバーチュアと金融アドバイザーのアンドリオット・ファイナンシャル・サービスは、他の証券オファリングとは一線を画すとしている。

「同社は、デジタル形式の株式(トークン)と株主を記録する上で、その技術としてブロックチェーンを使用する定款をスイスで初めて承認した。所有権の移行は、ブロックチェーン上のトークンの移転のみで行われ、トークン所有は株主のステータスを与えることができる」

こういた形のブロックチェーン技術の導入は、資本市場の効率性をあげる可能性があると主張している。銀行や証券会社、中央清算機関といった第三者機関による仲介が無くなることで、コストや時間の削減につながるとしている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:スイスのリゾート地ツェルマット、仮想通貨ビットコインでの納税開始

【関連記事:スイス大手銀行ジュリアス・ベア、仮想通貨取引・カストディサービス展開 仮想通貨バンキングSEBAと連携

【関連記事:仮想通貨イーサ下落が背景 スイス”クリプトバレー”企業50社の企業価値、40%減少

【関連記事:リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

【関連記事:リップルCEO、2020年のIPOを示唆|仮想通貨ビットコインのデメリットも考察

【関連記事:仮想通貨XRPのクジラが予想する2020年 「リップルの利用拡大で投資家惹きつける」 | 最終的なIPOも見据える【独自】

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B