カンボジアの中銀デジタル通貨「数ヶ月以内に発行」 日本企業ソラミツと共同開発 

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カンボジアの中銀デジタル通貨「数ヶ月以内に発行」 日本企業ソラミツと共同開発 
 

カンボジアの中銀デジタル通貨「数ヶ月以内に発行」 日本企業ソラミツと共同開発 

実現間近のカンボジア中央銀行発行デジタル通貨

カンボジアの中央銀行(NBC)が、今後数カ月以内にブロックチェーンを基盤とするデジタル通貨(CBDC)を発行予定であることが判明した。現地メディア プノンペンポストが報道した。

ブロックチェーンを活用した中央銀行によるデジタル決済では、世界初の実用例となるカンボジアのCBDCは、バコン(Bakong)プロジェクトと呼ばれ、昨年7月より正式導入に向けた試験運用が開始されていた。すでに国内最大の商業銀行アクレダ銀行(Acleda Bank)を含む11の銀行や決済業者が参加しており、数千人のアクティブユーザーによる実際の送金や支払いが行われているという。

NBC総局長のChea Serey氏は、ブロックチェーンベースのP2P決済および送金プラットフォームであるバコンシステムを「国内支払いゲートウェイ」と呼び、次のように説明した。

バコンは、カンボジア決済業界のすべてのプレーヤーを同じプラットフォームの下に置くことに中心的な役割を果たし、取引金融機関の相違にかかわらず、エンドユーザー間の支払いを容易にする。

最終的には同システムを活用して国境を超えた支払いも視野に入れているという。

日本のブロックチェーン企業とバコンシステム

未熟なカンボジアの金融環境が強みに

ソラミツは、Linux FoundationのHyperledgerプロジェクトの一部となった、コンソーシアム型ブロックチェーン・プラットフォーム、「ハイパーレジャーいろは」を開発している。

また、ソラミツによると、個人間や企業間の送金、または店舗などでの少額決済と、高額の銀行間決済の両システムをブロックチェーン化し、銀行APIネットワーク経由で従来のシステムとも連結することで、全てをブロックチェーンで処理、カンボジア全体の決済アーキテクチャーの簡素化と低コスト化を実現したという。

バコンの参加銀行は「ハイパーレジャーいろは」ブロックチェーンを使用したバコンプラットフォームに接続する一方で、個人や店舗などの利用者は、各銀行が提供するゲートウェイに接続し、同プラットフォームを介して相互に決済や送金を行うことができる。

具体的には、利用者がスマートフォンのアプリを利用し携帯番号への直接送金や、QRコードによる決済や送金が可能となる。カンボジア国立銀行がバコンシステム全体を監査し運営するが、現地通貨リエルと米ドルでの決済・送金が可能で、送金手数料は無料だという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B