新型コロナウイルス、WHOが緊急事態宣言

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

新型コロナウイルス、WHOが緊急事態宣言

(Image: B.Zhou / Shutterstock.com)

世界保健機関(WHO)は1月30日(日本時間31日未明)、新型コロナウイルスよる肺炎に関して緊急委員会を開き「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たると宣言した。

中国以外の複数の国で人から人への感染が確認されるなど、海外に広がり始めたことを重く受け止め、世界での感染拡大を食い止めるために、国際的な協力体制が必要だと判断した。

WHOが緊急事態宣言を出すのは、コンゴ民主共和国でエボラ出血熱が拡大した2019年7月以来で6回目。

WHOは1月22、23日にも緊急委員会を開催したが、そのときは感染の拡大が中国だけで起こっていると判断し、緊急事態宣言を見送った。

WHOは緊急事態を宣言する一方で、感染地への渡航や貿易を制限する勧告は行わないと強調し、こうした措置を取るかどうかは加盟国の裁量に任せた。

また、WHOの声明は、「迅速にウイルスを特定し、診断ツールも開発した。国が取った強力な措置は、他国にもプラスになる」と中国の取り組みを称賛しており、同国への配慮が盛り込まれている。

2019年12月に中国・武漢で最初の患者が確認された新型肺炎は、1月中旬から海外でも患者が確認され始め、20日以降患者が急増。1月31日正午時点で、感染者9720人、死者213人となっている。中国はさらに現時点で1万5238人に疑いがあると公表している。

日本でも中国人ツアー客を乗せたバス運転手が感染し、「人から人」への感染が確認された。

安倍晋三首相は1月31日、WHOの緊急事態宣言を受け、新型肺炎を感染症法上の「指定感染症」とする政令を、2月7日から2月1日に前倒しすると表明した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B