Basset、FATFの仮想通貨トラベルルールを分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Basset、FATFの仮想通貨トラベルルールを分析

(Image: Shutterstock.com)

FATFがマネーロンダリング・テロ資金供与対策(AML/CFT)として各国に示す指針「40の勧告」には、仮想通貨に関連したものも含まれる。2019年6月に正式に課されたガイドラインの中で、通称「トラベルルール」と呼ばれる制度が議論を呼んでいる。

このトラベルルールについて、Bassetが仮想通貨交換所に向け、制度そのものに対する分析や、どのような対応を実施するべきかを記したディスカッションペーパーを公開した。同社は、仮想通貨交換所や行政機関、警察、司法機関向けにブロックチェーン上の取引分析・監視ソリューションを開発するスタートアップだ。

仮想通貨に関するトラベルルールは細かいところを省くと、高額の仮想通貨の送金について、仮想通貨交換所は送り手と受け手の個人情報を取得し、送金に関わる交換所間で相互に情報交換する必要があるというものだ。この体制を、各国は2020年6月までに法制度として整備しなければならないとされている。これら情報の交換は、制裁対象として指定された人や組織による資金移動を阻止するためだという。

このルールによって、仮想通貨交換所は入出庫のそれぞれの業務において、間にリスク判断の工程を追加する必要が出てくる。入庫においては、トランザクションの確定後に顧客への取引目的の確認などのリスク判断を行う。出庫では、トランザクションの発行前に同様のリスク判断の工程を踏む必要があるという。

このように取引のリスク評価が義務づけられる中で、そのための個人情報の取得と、取得した個人情報をどのように送信、共有するのかが課題になるという。取得する情報の要件やフォーマットを含め、国際的に対応が可能な形式が求められる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B