SBI北尾氏、中央銀行デジタル通貨を「一番注目」|リップル社IPOについても言及【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

SBI北尾氏、中央銀行デジタル通貨を「一番注目」|リップル社IPOについても言及【ニュース】

SBI北尾氏、中央銀行デジタル通貨を「一番注目」|リップル社IPOについても言及【ニュース】

SBI北尾氏、中央銀行デジタル通貨を「一番注目」|リップル社IPOについても言及【ニュース】

SBIホールディングスの北尾吉孝社長は31日に開かれた決算会見で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)について「これから一番大きく注目するもの」であるとの見方を示した。SBIレミットなど、国際送金事業を手がける北尾社長にとってはCBDCの各国の扱いは、やはり気になるようだ。

デジタル通貨についてはこれまでに、みずほフィナンシャルグループなどの「Jコイン」などが計画されている。しかしこれについては「やってもしょうがない」と一蹴した。

「Jコインはやってもしょうがない。中央銀行デジタル通貨が始まるから。そうしたらそれ(CBDC)に対応するため、欧米でも日本でも対処しなければいけない。」

国際送金に使われることを想定される通貨として、フェイスブックのリブラが昨年発表された。しかしその後各国から非難が続出。さらにリブラ協会から脱退する企業も相次いでいる。リブラは風前の灯火との印象もある中、「リブラが終わったら終わりではない」と発言。貿易金融の立場から今後の注目点としてCBDCに注目していくことを強調した。

「これからの一番の大きなものはCBDCだ。どこの国が立ち上げるか、どれだけ貿易金融に占めていくのか。遅れるわけにはいかない。」

として今後も注視していく姿勢を示した。

「IPO、役員会では出ていない」

さらに最近ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが今年のIPOを示唆した件についても触れた。

「リップルIPOはどうなるのか注目している。でも役員会では(話は)出ていない」

これについて、北尾CEOは「アメリカはゆるいのかな。僕ならそんな話はできないけどね。慎重な言い回しはしてたけどね。」と印象を話した。

【関連記事:リップルCEO、2020年のIPOを示唆|仮想通貨ビットコインのデメリットも考察

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B