モバイル決済関連の米公聴会、仮想通貨・ブロックチェーンも話題の中心に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

モバイル決済関連の米公聴会、仮想通貨・ブロックチェーンも話題の中心に
 

モバイル決済関連の米公聴会、仮想通貨・ブロックチェーンも話題の中心に

モバイル決済に関する米公聴会

現金はまだ王様か」と題した、米下院のモバイル決済に関する公聴会は米時間1月30日に開かれた。

決済企業及び協議会代表、消費者擁護団体、金融包摂推進団体、そして研究機関の代表らが参加、見解を行い、作業部会メンバーからの質疑を通して今後の決済のあり方について話し合った。

下院に属するフィンテック作業部会の幹部メンバーの一人、Tom Emmer議員は、ブロックチェーン及び仮想通貨規制を明確にする新たな法案を提出するなど、仮想通貨・ブロックチェーン技術を支持する立場をとっていることで知られている。

そして現在広まっている決済手段として、アップル社の提供する決済サービスであるアップルペイなどと並び、ビットコインも「おなじみの名前」と紹介するのも忘れなかった。

アメリカにおける決済の問題点とは

遅れをとるアメリカの決済業界

ブロックチェーンによる解決策はあるのか

その結果、アメリカでは口座所有者が着金のタイミングを把握できず、預金残高不足により多額の手数料を取られるケースが多発しており、問題となっている。

高速ブロードバンド普及が進んでいない地域などでは、新たなモバイル決済技術の恩恵を受けることもできないなどの問題点も提起された。

公聴会の議長を務めたLynch議員は、アメリカとは異なる決済システムで成功を収めている例について質問を行なった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B