PayPay、マネータップ活用のリアルタイム入金に対応開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

PayPay、マネータップ活用のリアルタイム入金に対応開始

スマートフォン決済サービスを提供するPayPayは1月31日、住信SBIネット銀行と提携し、PayPayへの同行口座の登録が可能になったことを発表した。住信SBIネット銀行への接続は、リップル活用の「Money Tap」を利用した初の接続となることも明らかにした。同システムを介し、住信SBIネット銀行の口座からPayPay残高へのチャージが可能になる。

SBIホールディングスの子会社であるマネータップが開発する個人間送金サービスMoney Tapは、米リップル社の分散型台帳「xCurrent」を搭載する次世代金融プラットフォーム「RCクラウド2.0」を利用し、24時間365日のリアルタイム送金を実現している。Money Tapを金融インフラとして連携することで、既存インフラと比べて低い手数料を実現し、金融機関の接続負担を軽減できるというメリットがある。

既存の金融サービスにおいては、日本国内の送金では全銀ネットワークを使ったり、国際送金ではSWIFTを経由したりするため、その利用コストが手数料として利用者に転嫁される。また、クレジットカード等の決済ではCAFISという決済ネットワークを使用するため、同様だ。いずれも高額な手数料が発生する。

PayPayとマネータップは2019年10月30日に業務提携を発表しており、両社はスマホ決済サービスPayPayに、Money Tapを金融インフラとして連携する準備をしていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B