アルト市場の回復トレンド、仮想通貨取引データが裏付け=バイナンス

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アルト市場の回復トレンド、仮想通貨取引データが裏付け=バイナンス
 

アルト市場の回復トレンド、仮想通貨取引データが裏付け=バイナンス

仮想通貨取引所大手バイナンスのリサーチ部門、バイナンス・リサーチが1月の仮想通貨市場概況を発表。好調を維持したアルト市場を裏付ける現物・先物・OTCの取引状況が明らかになった。

バイナンス・リサーチははじめに1月の仮想通貨市場の好調状況に、株式相場のアノマリー(経験則)の一つ「一月効果」が見られたと指摘した。一月は他の月に比べて、相場が上昇する傾向が見られ、特に小型株で大きな上昇が観測されることが知られる傾向だ。

主要仮想通貨の中では、DASHが181.5%、ビットコインキャッシュが85.2%と大きく上昇、その他60%台の上昇率となったのは、ライトコイン(65.1%)、カルダノ(ADA 65.1%)、モネロ (XMR 61.7%)、続いてEOSの59.9%となっている。

その他の主要仮想通貨も好調推移を記録した。

1月の仮想通貨市場概況

主要仮想通貨プロジェクトの動向

デリバティブ市場の動向

バイナンスOTC取引部門

イーサリアム:+39.9%

XLM:+35.7%

主な仮想通貨プロジェクトの動きとしては、イーサリアムの「ムーア・グレイシャー(Muir Glacier)」アップグレードの成功を取り上げた。 このアップグレードによりディフィカルティボムは400万ブロック(約2年間分)先延ばしされ、イーサリアムネットワークのPoSへの完全な移行を助けることになる。

また、イーサリアムクラシック(ETC)のハードフォーク「Agharta」が完了し、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンとの相互運用性が高まることも取り上げられた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B