フランスの電子決済企業ワールドラインとインジェニコが合併へ 仮想通貨分野でも影響か【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フランスの電子決済企業ワールドラインとインジェニコが合併へ 仮想通貨分野でも影響か【ニュース】

フランスの電子決済企業ワールドラインとインジェニコが合併へ 仮想通貨分野でも影響か【ニュース】

フランスの電子決済企業ワールドラインとインジェニコが合併へ 仮想通貨分野でも影響か【ニュース】

仮想通貨分野への参入も果たしているフランス拠点の電子決済プラットフォーム開発のワールドラインと電子決済端末メーカーのインジェニコは、合併準備をすすめている。2月3日にプレスリリースで発表した。78億ユーロ(約9400億円)規模の買収案件とされる。

ワールドラインは、インジェニコの株主らに対し、2月3日の取引水準の17%のプレミアムで、現金と株式報酬を提供することに合意している。

合併後の事業体は、ワールドラインの株主らが65%保有し、インジェニコの投資家らは35%保有する予定。

ワールドラインは、販売時点情報管理(POS)端末からオンライン販売や電子チケットやフリート管理などさまざまなサービスを幅広く提供している。

インジェニコは、POSデバイスで知られる。同社の取締役会は、2018年11月に11年在籍したフィリップ・ラザレCEOを解雇。翌2019年11月に仮想通貨向け販売時点情報管理デバイス開発プロジェクトのPindi Xと提携しいている。

また、ワールドライン昨年11月、スイスの仮想通貨ブローカーBitcoin Suisse(ビットコイン・スイス)と提携し、店頭およびオンラインでの仮想通貨決済サービスを提供すると発表していた。

最近ではVISAがフィンテック企業プレイドを買収。プレイドのシステムは仮想通貨取引所コインベースやアウラなどでも使われている。

【関連記事:コンセンシス、トークン化したデジタル地方債の発行支援に向け証券会社を買収

【関連記事:機関投資家向け仮想通貨カストディのアンカレッジ、リスク管理ソフトウェア会社マークル・データ買収

【関連記事:米仮想通貨取引所クラーケン、豪州の取引所ビットトレードを買収

【関連記事:VISA、仮想通貨関連フィンテックのプレイド買収へ|昨日の上げ材料との見方も

【関連記事:スイスの6万5000業者が仮想通貨支払い可能に、ビットコイン・スイスと決済プロバイダーが提携

【関連記事:オーストリアの大手携帯会社A1テレコム、仮想通貨支払いを一部店舗で開始 | ビットコインやXRPなど6通貨

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B