女性の解放?それとも性的搾取?スーパーボウルのハーフタイムショーが物議

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

女性の解放?それとも性的搾取?スーパーボウルのハーフタイムショーが物議

米フロリダ州マイアミで2月3日に米ナショナルフットボール(NFL)の王者を決めるスーパーボウルが開催された。ハーフタイムショーで米歌手のジェニファー・ロペスとコロンビア出身の歌手シャキーラが行なったパフォーマンスが、「女性のエンパワメント」なのか「女性の性的搾取」なのかをめぐり議論が起きている。

「私は女性、シングルマザー、働く母親を代表している」

ジェニファー・ロペスはハーフタイムの目的について主張。「私の娘に、強い独立した女性、自分のために戦える女性を教えたかった」と述べた。

しかし、あまりにセクシャルな表現やダンスが多かったとしてジェニファー・ロペスの主張に疑問を持つ人も多い。

とりわけ批判の的となっているのがポールダンスを使ったダンスやお尻を激しく降るパート。女性の解放なのか?それとも男を喜ばせているのか?疑問を呈すメディアもある

米保守派のNPO団体「ターニングポイントUSA」創設者であるチャーリー・クラーク氏は、「NFLは性的人身売買に反対する立場を取っているが、ハーフタタイムショーではポールダンスを使って女性の品位を下げ、物とし考えている」とし、「世界にいる数百万人の若い女性にとって恐ろしい実例を出した」と痛烈に批判した

(参照:BreitbartToronto Sun

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B