日銀、中銀発行デジタル通貨で会合 国内ニーズに備え研究・討論

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

日銀、中銀発行デジタル通貨で会合 国内ニーズに備え研究・討論
 

日銀、中銀発行デジタル通貨で会合 国内ニーズに備え研究・討論

日銀主催のフォーラム:CBDC

日本銀行は2月27日に、「決済の未来フォーラム:中銀デジタル通貨と決済システムの将来像」をテーマとした公開討論会を開催する。

討論会の目的は、中央銀行として、日銀が決済システムの効率性や安全性の維持・改善を責務として、仮想通貨ステーブルコインを含むデジタル通貨を巡る諸問題に対し、理解を深めながら、様々な取り組みを実施するための意見交換の場を設けること。CBDC発行についても、重要な論点として捉え、急速な国内ニーズの加速に備え、継続的に調査・研究を進めて行くという。

このような各国の取り組みを加速したのは、過去1年間でみられた仮想通貨リブラに代表されるグローバルステーブルコインの台頭だ。

また、決済サービスの新たな事業者が多数参入する中、民間ステーブルコインとの相互運用性が確保されず、消費者や加盟店の導入も未だ低い側面がある点を指摘した。

日本においては、近年の現金流通高から銀行券に対する国民の需要は高く見られているが、キャッシュレスが主導する決済環境の変化やデジタル経済における技術革新が進むなか、中銀デジタル通貨(CBDC)に対する社会的意識や増えるニーズを無視できなくなると、説明した。

CBDCについて

また、自民党もCBDCについて今年春にも提言を整理し、政府に対応を促す意向を示している。

日本のみならず、現在多くの国がCBDCの発行に関する研究や発行準備を行う中、把握しておきたいのが、検討されるCBDCの複数の種類だ。

日銀も今回の公表資料で2つのCBDC(およびステーブルコイン)について言及。リブラや中国のデジタル人民元といった「リテール決済型」や、日銀や欧州国の検討する「ホールセール決済型」に分かれる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B