1月の仮想通貨市場はアルトコインが躍進、無期限契約の建玉は1ヶ月で250%増に=バイナンスリサーチ【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

1月の仮想通貨市場はアルトコインが躍進、無期限契約の建玉は1ヶ月で250%増に=バイナンスリサーチ【ニュース】

1月の仮想通貨市場はアルトコインが躍進、無期限契約の建玉は1ヶ月で250%増に=バイナンスリサーチ【ニュース】

1月の仮想通貨市場はアルトコインが躍進、無期限契約の建玉は1ヶ月で250%増に=バイナンスリサーチ【ニュース】

バイナンスリサーチは3日、2020年1月の仮想通貨市場レポートを発表した。1月はほとんどの仮想通貨でプラスの利益となり、時価総額は1930億ドルから2550億ドルに増加。特にアルトコインの時価総額が40%増となり、躍進が目立った

1月は例年通り、他の月よりも相場が上昇する「1月効果」が見られたと指摘。特に価格が小さい銘柄で上昇した。最も上昇幅が大きかったのがダッシュとZコイン(XZC)で、それぞれ181.5%、179.7%だった。

その他ではビットコインキャッシュが85.2%、ライトコインとカルダノがともに65.1%、ビットコインは30.5%だった。1月に高騰したビットコインSVはレポートに含まれていなかった。

アルトコインが上昇したことでビットコインのドミナンスも65%に低下。全ての取引でビットコインを取引通貨とする「ビットコイン取引ドミナンス」も前月比で2.31%低下した

ドミナンス

(出典:バイナンスリサーチ「ビットコイン取引ドミナンス」)


デリバティブ市場では先物銘柄が急増

一方でバイナンスの取引所では1月、新たに先物8銘柄が追加され、合計11銘柄と急増した。

1月の先物取引の取引高は前月比で85%増。560億ドルが無期限契約で取引された。

建玉は2億ドルに達した。年初から1月31日までで建玉は98%増加したという。最も多いのがBTC/USDTで全体の建玉の75%を占めた。無期限契約の建玉でもアルトコインは大幅増で1ヶ月で250%増えた。

レポートではアルトシーズンへの期待が高まったとしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B