仮想通貨ビットコインの安全資産論、マクロ要因で認識拡大=米CMEダフィCEO

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインの安全資産論、マクロ要因で認識拡大=米CMEダフィCEO
 

仮想通貨ビットコインの安全資産論、マクロ要因で認識拡大=米CMEダフィCEO

CMEのCEO、ビットコインに最新見解

米大手デリバティブ取引所CMEのテレンス・A・ダフィCEO(執行役会長兼最高経営責任者)は、ビットコインのいわゆる「安全資産」の理論について、ゴールド(金)と比較してもその地位を強固しつつあると論じた。

ダフィ氏は、ビットコインの性質を「他の産業とは完全に分離した独自の産業のようなものだ」と語り、マクロ要因によって多くの投資家がビットコインをゴールドのように「安全資産」として意識し始めているとの見解を明かした。

マクロリスクによるボラティリティ

2018年11月に7000ドルラインを死守し、2020年1月に9000ドルを突破したことは「まさしく安全資産のステータスを確保した」と語るDuffy氏が、ビットコインの安全資産性を強調する理由は、マクロ要因が市場に影響しているためだという。

同様な指摘を行う人物には、大手投資コンサルdeVereのナイジェル・グリーンCEOがいる。

コロナウイルスの影響は株市場にも及んでおり、多くの企業が生産などの業務停止を命じられた中国関連株は、旧正月の連休明け初日に8%ほど値を落とした。

参考:CNBCインタビュー

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B