香港拠点の仮想通貨企業ビットスパーク、3月に事業停止へ【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

香港拠点の仮想通貨企業ビットスパーク、3月に事業停止へ【ニュース】

香港拠点の仮想通貨企業ビットスパーク、3月に事業停止へ【ニュース】

香港拠点の仮想通貨企業ビットスパーク、3月に事業停止へ【ニュース】

香港に拠点を置くブロックチェーン送金スタートアップのビットスパーク(Bitspark)は3日、事業の停止を発表した。内部でのリストラがうまく機能しなかったためと説明している。

ビットスパーク共同設立者兼CEOのジョージ・ハラップ氏は、今年3月4日にサービスを停止する計画であることを明らかにした。

発表によれば、3月4日まではプラットフォームの機能は継続するとしており、ビットスパークは3月4日までに仮想通貨を出金するようユーザーに求めている。

1ヶ月前にはCOOが辞任

ビットスパークは2014年にハラップ氏とマキシン・ライアン氏が共同で設立した企業だ。アジア太平洋地域をターゲットにし、ブロックチェーン基盤の金融サービスを提供していた。

今回のビットスパークの事業停止発表の1ヶ月前には、共同設立者のライアン氏が最高執行責任者(COO)から辞任することを発表していた

ハラップ氏の発表によれば、今回の事業停止は「うまくいかなかった内部のリストラと、株主が行った決定のため」としている。香港でのデモと現在のコロナウィルスの流行は「大きな影響を与えなかったが、どちらも助けにはならなかった」と、ハラップ氏は述べている。

ライアン氏は今回のビットスパークの事業停止でも、仮想通貨・ブロックチェーン業界が衰退しているわけではないと強調した

ビットスパークは2017年にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施。17年11月にブロックチェーンを使った少額送金のプロジェクトのためのZepher(ZEPH)トークンを発行している。

【関連記事:SBI出資の仮想通貨決済ワイレックス、ステラと提携 ステーブルコイン26種リリース計画

【関連記事:「ビットコインは安全資産」の声強まる|世界株安の中でも上昇基調

【関連記事:「仮想通貨ビットコインを預けて年金利24%」 香港ファンドがPhoenix Lending(フェニックス・レンディング)を開始

【関連記事:香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開

【関連記事:タイのサイアム商業銀、リップル社と提携し国際送金アプリを発表

【関連記事:大手銀行HSBC、香港デモ支援関連の法人口座を閉鎖|仮想通貨ビットコインの需要高まるか

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B