JASRAC、音楽の著作権管理にブロックチェーン活用へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JASRAC、音楽の著作権管理にブロックチェーン活用へ

(Image: Shutterstock.com)

日本音楽著作権協会(JASRAC)は2月4日、ブロックチェーン技術による音楽著作権管理への活用を検証する実証実験の開始を発表した。2月17日から3月13日の間、JASRACに著作権の管理を委託する権利者(音楽出版社)の参加を募り、音楽作品情報の存在証明に関する実証実験を実施する。

実際に権利者の参加を募って行う実験では、音楽作品の「存在証明」のために、音楽作品ごとに「デジタルコンテンツのハッシュ値」「創作者のID」「時刻証明情報」をセットにして記録する。これらの情報を作家や音楽出版社が利用すること(登録と共有)を想定したブロックチェーン基盤とウェブアプリケーションを開発する。

また、存在証明として記録した音楽作品情報に追記する「メタデータの効率的な整備」を行う。情報は追記メタデータも含めて、すべて履歴管理されるためだ。

さらには、権利者によって生成された音楽作品情報の共有とビジネスプロセスの効率化についても検証をする。具体的には、権利者の音楽作品情報を他の実験参加者に閲覧・追記権限を与え、音楽作品情報の閲覧や追記を行わせるもの。これは、この機能を通じて権利者がJASRACに閲覧権限を付与することで、JASRACへの各種申請手続きの簡素化を想定している。

JASRACは、2018年度に著作物使用料の取引記録の管理にブロックチェーンを活用する検証を実施した。2019年10月には、音楽作品情報に関するデータの信頼性を高め、権利者への対価還元(著作物使用料の分配)を目的としたブロックチェーンに関する検証を実施した。その一環として、今回は新たに音楽作品情報の存在を証明する実証実験を行う。

今回の実証実験の結果も踏まえて、今後はそれ以外の管理業務へのブロックチェーンの活用についても検証を進めていくことを明らかにした。

音楽作品情報の存在証明イメージ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B