中国の方向性示す「1号文書」ブロックチェーンの農業への応用言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国の方向性示す「1号文書」ブロックチェーンの農業への応用言及

(Image: Shutterstock.com)

中国国務院(内閣に相当)は2月5日、今年1年の重点政策を示す「中央1号文書」を発表、IT活用による農業の効率化に言及した。

中央1号文書は、毎年春節明けに発表され、国が力を入れる方向を示すものとして注目される。21世紀に入ってからは、「三農(農業・農村・農民)」問題が提起されることが多く、今年も17年連続で三農問題がトップテーマとなった。

2020年の中央1号文書では「農産品の効率的な供給と農民の増収」や「農村のインフラ整備」などに力を入れることが強調され、「農村の生活水準を健康的で余裕があるものに引き上げ、貧困をなくす」目標が前面に打ち出されている。

中国全体の経済力が向上する中でも、都市と農村の格差は広がっており、発展から取り残された農村の不満が、共産党政権のリスクとしてくすぶっていることを反映している。
また、習近平国家主席が2019年10月に「ブロックチェーン強国」を提唱した流れを受け、農業のIT化の一環としてブロックチェーンの活用が盛り込まれていることも、今年の特徴と言える。

文書には、農村のデジタル化の取り組み推進に1項目を割き、IT化モデル農村の設置や、農村のビッグデータセンター設立、IoT、ビッグデータ、ブロックチェーン、人工知能(AI)、5Gなどの現代ITテクノロジーを農業への応用などを提唱した。

中国では食の安全・安心への関心の高まりを受け、既にウォルマートがブロックチェーンを活用した食品のトレーサビリティーシステムを導入しているが、政府の強い後押しを受け、今年は農業のより広い分野でブロックチェーンの実装が進みそうだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B