新型コロナウイルスへの取り組み、ブロックチェーン技術が有効=香港大学の専門家が提言【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

新型コロナウイルスへの取り組み、ブロックチェーン技術が有効=香港大学の専門家が提言【ニュース】

新型コロナウイルスへの取り組み、ブロックチェーン技術が有効=香港大学の専門家が提言【ニュース】

新型コロナウイルスへの取り組み、ブロックチェーン技術が有効=香港大学の専門家が提言【ニュース】

香港大学の法学プログラムのエグゼクティブディレクターは、中国から発生した新型コロナウイルスをめぐり、人工知能(AI)やブロックチェーン技術を導入すべきだと呼びかけた。2月5日にオックスフォード大学法学部のブログに投稿した。

中国政府は現在、すべての寄付を政府系の5団体に託している。これは、民間がチャリティ団体を創設できるとする法律が設定される前の2016年以前の中国へ逆戻りしていると、同投稿でサイレン・ジョンストーン氏は指摘している。

政府主体ではなく、民間のテック企業らがソリューションを提供すべきで、ブロックチェーンやAI技術を活用すべきとしている。アリババやSFエクスプレスやアップルもすでに使用している。なぜチャリティでも活用しないのか、と問いかけている。

ブロックチェーンを活用すれば、現金やマスクなどすべての寄付の記録と追跡が可能で透明性が高く、自身の寄付が最終的に活用されるまでの経過も確認することが可能だと述べている。

ジョンストーン氏はまた、習近平国家主席が昨年10月にイノベーションの中核としてブロックチェーン技術を推進するよう指示したことにも触れ、政府は、発足した習近平政権が2013年に国有企業改革を最重要課題の1つとしてあげたことを思い出し、行動すべきと締めくくっている。

バイナンスなども支援

中国のコロナウィルスの問題については、仮想通貨取引所やブロックチェーン企業も取り組んでいる。仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEOは1月、1000万元(約1億5700万円)を寄付することを発表した。また、ブロックチェーンのマーケティングサービスを手がけるクリピタル(Krypital)も25日、医薬品を集めるための慈善活動を開始している。

中国のハイパーチェーン (Hangzhou Qulian Technology)は2月、新型コロナウイルス感染症をめぐる対策として、ブロックチェーン基盤プラットフォームの公開を発表した

ハイパーチェーンは、フーシン・グループ(Fuxing Group)や雄安グループ(Xiongan Group)など大手企業らと連携して、書き換え不可能で追跡ができる信頼性の高い同プラットフォームを準備した。透明性の高いポータルで、寄付者らは自身が寄付した資金の流れを確認することができる。意図した届け先に届くと通知が来る仕組みになっている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:中国で医療用品寄付向けブロックチェーンポータル公開 新型コロナウイルス対策

【関連記事:仮想通貨取引所やブロックチェーン企業、コロナウィルス感染者支援で寄付

【関連記事:「コロナウィルス感染拡大とビットコイン価格は相関」、感染ピークまで上昇続ける=大手投資顧問CEOが指摘

【関連記事:「ビットコインは安全資産」の声強まる|世界株安の中でも上昇基調

【関連記事:中国の新型コロナウイルス、「ビットコイン上昇の要因ではない」=著名投資家

【関連記事:「ビットコインは中国株と相関」 地政学的影響がより鮮明に?

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B