ブロックチェーンスタートアップが米海軍から10億円獲得 安全性高い通信プラットフォーム導入に向け【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーンスタートアップが米海軍から10億円獲得 安全性高い通信プラットフォーム導入に向け【ニュース】

ブロックチェーンスタートアップが米海軍から10億円獲得 安全性高い通信プラットフォーム導入に向け【ニュース】

ブロックチェーンスタートアップが米海軍から10億円獲得 安全性高い通信プラットフォーム導入に向け【ニュース】

ブロックチェーンソフトウェアを手掛けるスタートアップ企業シンバ・チェーン(Simba Chain)は、米カリフォルニア拠点の海軍航空試験センターから、安全なメッセージプラットフォーム稼働に向け、950万ドル(約10億円)を資金提供を受けた。2月6日にプレスリリースで発表した。

海軍航空試験センターは、中小企業改革研究(SBIR)のフェーズ3の一環で、同社に5年間の契約として同社に資金を提供した。米国防総省(DoD)向けにブロックチェーン上に構築した通信とトランザクションの導入をシンバ・チェーンに要請した。同社のジョエル・ネイディグCEOはコインテレグラフに対し、以下のように述べた。

「プラットフォームは今年にも稼働し、向こう4年間に渡りアップデートを行っていく」

ネイディグ氏は、今回の契約は数ある契約の第1弾で、現段階の契約の終了後にまた次のフェーズがあるとし、「我々は、次の契約を春にも発表する」と述べている。

ロジスティック向けプラットフォームも

シンバ・チェーンは2019年8月にも、米空軍向けにブロックチェーン基盤のサプライチェーンソリューションの構築に着手している。以前のSBIR契約の一環で、今回の国防総省向けプラットフォームの構築および試験を実施していた。今回の第3フェーズでは、導入を完了させることが目的だという。

マイクロソフトのアジュールクラウドプラットフォームを利用した通信プラットフォームで、地上及び海上の運営において安全なデータ交換ができるようにする狙い。機密性の高いミッションを行うためのソリューションになるという。すべての要件を満たす安全な「防弾」型プラットフォームを目指すとしている。

米空軍もブロックチェーン研究

米空軍は、シンバ・チェーンのほか、ブロックチェーンスタートアップのコンステレーション・ネットワークとも昨年に契約を結んでいる。同社の技術を使い、分散型でのデータ管理を進めていくとしている。

米空軍はブロックチェーンを使ったデータ管理によって「官僚的な付帯費用を削減する」と述べている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:兵器としてのブロックチェーン 元NATOトップ「戦場におけるデータ共有で重要な存在に」

【関連記事:米空軍で進むブロックチェーン導入、データ管理やサプライチェーンでスタートアップ企業と契約

【関連記事:米軍が仮想通貨専門家募集、業務内容はビットコインのリアルタイム解析など犯罪捜査の支援

【関連記事:米国防総省、ブロックチェーン基盤のサイバーセキュリティ模索 | DARPAが「ハッキング不可能なコード」を開発中

【関連記事:米国防総省、ブロックチェーン研究会を開催へ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B